新大久保にある「イスラム横丁」に行ってみた

ハラル専門店が増殖しているワケ

棚の下段には味の素も並んでいる

現在ではコリアタウンとしてクローズアップされることが多いが、新宿界隈はもともとアジア系にかぎらず、中東やアフリカ系など多くの外国人が暮らす、外国人街でもあった。

国立民族学博物館の菅瀬晶子助教によれば、イスラム横丁の辺りには昔からミャンマー系のムスリムが住んでいたという。それが、2005年ごろにインド系ムスリムがハラルフード専門店を開店したことで、一気にムスリムの集う場所になったというのである。

ローズファミリーが入る雑居ビルの4階にはモスクが入っており、どうやらここがイスラム横丁の核となっているようだ。毎週金曜日の正午には、集団礼拝のため多くのムスリムが詰めかける。

新大久保のハラル専門店はいまだに増殖し続けている。グリーンナスコの店主が常駐する店の手前、雑居ビルの2階にはほんの6か月前、14年末にオープンしたばかりの「Shinjuku HALAL FOOD」がある。

「ここならお客が集まると思った」と店主。「外国産のものはみなハラル食品ばかり」というが、日本製のマヨネーズなども置いてある。「これはハラルかわからない。ときどき欲しいという客がくるので置いている」(店主)とのことだった。

日本のハラル認証マークはおかしい

新大久保のハラル専門店に売っているおコメやスパイスには、ハラルマークが付いていない

これらイスラム横丁の店をめぐって気づくのは、いま日本国内で騒がれているハラル認証マークは、肉とラーメンなどの加工食品の一部に付いているくらいで、ほとんどの品にハラル認証マークなど付いていないことだ。おコメや雑穀類、クミンシードやカルダモンなどのスパイス、魚にも認証マークなど見当たらない。もともとハラルなものに、ハラル認証マークを付けることがおかしいのだ。

「ハラルで注意しなければならないのは、肉とアルコール関連だけ。本当はシンプル」とジャンナットのライハン氏も言う。「日本の新聞で、水にハラル認証マークを付けたという記事を読んだが、冗談かと思った」と、口調は軽いが目は笑っていなかった。「ハラルをかたるのは許されない」と真剣だ。

日本にいながらにして、異国の情緒を味わえるイスラム横丁。日本では、へたをするとムスリムをだますことにつながりかねない、偽物ハラル認証マークが氾濫している。そんなものに数十万円も出す前に、一度、新大久保を訪れて、ムスリムが本当はどんなものを買っているのか、探ってみるのも悪くない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT