春闘の賃上げ、恩恵を受けたのは誰なのか 賃上げ幅急拡大に隠されたカラクリ

✎ 1〜 ✎ 108 ✎ 109 ✎ 110 ✎ 最新
印刷
A
A

年功賃金の下では、労働者個人の賃金は50歳代前半に達するまで年を重ねるとともに上昇する。その後、賃金は年をとるごとに下降する。社内の従業員の年齢分布が変化しない限り、定期昇給しかないのであれば、全従業員の総収入はまったく増えない。

一方、ベアを行えば賃金カーブ全体、すなわち全労働者に対する支払い全体が増加する。2014年以前に企業が基本給を相当量引き上げたのは、ベアが約1%だった1998年が最後である。1980年代後半には、基本給は1年に2~4%上昇していた。このため0.5%程度の上昇であっても、あるべき方向へのステップだといえる。

労働者の高齢化が賃金の下降圧力に

他方で、報道によれば、2%の物価目標の達成には、基本給の1%上昇が必要だと日本銀行は考えている。さらに、日銀が2%の物価目標に近い数値を実現したとしても、名目賃金の1%上昇は1%の実質賃金減少を意味する。

一方、高齢化が年功賃金システムを通じて賃金の下降圧力を高める。賃金は50~54歳で頭打ちになる。その後、55~59歳ではほぼ6%減り、60~64歳ではさらに30%減少する。しかし50歳以上の労働者は増加しており、年功賃金システムが賃金カットを意味する年齢ゾーンにすでに入ったか、すぐに入る労働者が増えていることを意味する。

1968年には、50歳以上の労働者は労働人口の20%にすぎなかった。今日では、この割合は40%まで上昇している。そして、全体の30%がすでに55歳以上なのだ。高齢労働者が多数派を占める日もそう遠くはない。

今年は大規模な賃上げが行われると予測する見出しを信じる前に、実際の証拠が出るまで待ってみよう。昨年の状況を思い出すべきだ。

週刊東洋経済2015年5月2日・9日合併号

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT