スルガ銀行、セゾンとの提携に賭ける「再出発」 ビジネス転換とカード脱却、両社の思惑が一致

拡大
縮小
スルガ銀行のロゴ
異業種との提携に活路を見出すスルガ銀行(撮影:尾形文繁)

スルガ銀行は5月18日、ノンバンク大手のクレディセゾン(以下、セゾン)と資本業務提携を締結したと発表した。セゾンはスルガ銀株の15.12%(171億円)を取得して持分法適用会社とし、スルガ銀もセゾンに4.44%(155億円)を出資する。

スルガ銀にとってセゾンは「2人目」のスポンサーだ。1人目は2020年5月に資本業務提携を結んだ家電量販大手のノジマ。共同店舗の設置やフィンテック事業での提携などを目指したが、目立った成果は上がらず2022年3月に提携を解消。ノジマから自己株を買い戻していた。

2018年に発覚した投資用不動産ローンをめぐり、いまだ再建途上にあるスルガ銀。一度は手をさしのべたスポンサーをふいにした同行だが、今後の再成長を考えれば、新たなスポンサーとの提携は時間の問題だった。

別のスポンサーを模索

「異業種との連携にはたいへん積極的だ。制限を設けず、積極的に探っていきたい」。ノジマとの提携解消発表から2カ月後の2022年5月。スルガ銀の嵯峨行介社長は決算説明会で業務提携に意欲を示した。

ノジマとたもとを分かったスルガ銀だったが、遠からず別のスポンサーと組むという見方はくすぶっていた。ノジマから買い戻した自己株式約18.8%を、スルガ銀が消却せずに残していたためだ。実際、今回の提携ではスルガ銀の自己株がセゾンに付与される。

スルガ銀の業績を見ても、提携を通じたテコ入れは不可避だった。経常利益はピーク時の2017年3月期の582億円から、2023年3月期には132億円にまで縮小。高金利の投資用不動産ローンというお家芸が、事実上封じられたためだ。

次ページ「ミドルリスク・ミドルリターン」に軸足
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT