【産業天気図・家電/AV】薄型テレビは年末競争激化。米国景気の動向も不安要因

家電業界では、ソニーや日本ビクター、パイオニアなど今第1四半期決算で赤字組が続出。薄型テレビなどのデジタル家電は爆発的な普及期に入ったものの、予想以上の製品単価の下落が業界各社を苦しめている。
 今や家電の主役となった薄型テレビの単価下落幅は、年3割前後にも達する。この年末にかけて価格競争がさらに熾烈化するのは必至の情勢で、家電業界は、まさに“我慢の時期”にある。売上高構成が高い米国の景気動向の及ぼす影響も不確定要素だ。
【渡辺清治記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT