人工透析患者の最後の砦として役割発揮、一方で病棟が被害受け建て替えが必要に-東日本大震災、その時、医療機関は《2》仙台社会保険病院

拡大
縮小


 昨年春以降、社会保険病院の一部については、建て替えや大規模修理が認められるようになりましたが、この場所での建て替えは不可能。そのため、「新築移転を」と訴えてきましたが、耳を傾けてくれるところはありませんでした。
 
 民主党政権になり、「地域医療機能推進機構法案」が提出されましたが、衆参ねじれ国会の中で法案成立の見通しがなくなりました。そうしたさなかに地震が直撃したのです。

--病棟の稼働率が低下したままだと厳しいですね。

田熊 現在、第2病棟が被災したことで、428床のうち147床が使用不能になっています。このままでは収入ががた減りし、年間で5億円くらいの赤字が出てしまう。新病院を作るにも、資金が必要。国には修繕や新築のための費用を援助していただけるとありがたい。
(岡田 広行 =東洋経済オンライン)


■真夜中の食事(3月12日夜)
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT