いま必要なのは船。復興のため、養殖用の船がなんとしても欲しい--佐藤仁・宮城県南三陸町長インタビュー


--集団避難も始まっていますね。

第1陣の500人が4月3日にバスに分乗して町を離れた。私も見送ったが、涙、涙。みな、早く戻れるようにしてください、と口々に言っていた。当初、1100人が集団避難するはずだったが、キャンセルが出て結局、890人くらいか。みな、苦しくてもここを離れたくないんだ。

--いま、最も必要なものはなんですか。

船だ。目の前には今も海が広がる。残酷だが豊潤な海だ。産業を何とかして復興していきたい。われわれには水産業しかない。そのためには、まずは船がいる。われわれはカキ、ホタテ、ホヤなどの養殖で生計を立ててきた。今回、船がみんな流されてしまった。養殖用の船がなんとしても欲しい。

漁業従事者は500~600人はいるだろうが、浜で共有すれば、100隻くらいあればいい。一隻100万円くらいだから、費用にしたら1億円くらいだろう。

--東京都知事選候補の石原現知事が、「津波は天罰」と発言されました・・・。

直接聞いていないから、なんとも言えないが、善意にとれば彼独特の言い回しだろう。自然に対するおごり、と言いたかったのだろう。ストレートにはとりたくないが、非常に残念な発言だと思う。

(聞き手:田北 浩章 =東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。