歩くだけでスマホを充電できる日は近い?

<動画>ナノジェネレーターの潜在力

ナレーションは英語です(音量にご注意ください)

韓国の研究チームが、ウェアラブル端末を動かすための電気を生み出す「スマートな」布を開発している。

ウェアラブル技術には将来性があると言われているが、どうやって端末を充電状態に保つのかが問題となっていた。韓国の研究チームによれば、今やその解決策が彼らの手元にあるという。その解決策とは、電気を生み出す「スマートな」布だ。

この布はウェアラブルな摩擦電気ナノジェネレーターとなっている。タップするだけで、さまざまな端末を充電することが可能だ。

この研究を主導したのは、成均館(ソンギュングァン)大学新素材工学部キム・サンウ教授は次のように言う。「日常生活の中にある静電気を取り除いたり、電源として使おうとする人は非常に限られています。それこそが、静電気を電源として利用しようと私たちがこの研究を始めた理由です」。

外部電源なしで充電が可能に

銀色のコーティングがされた布の層が、有機ポリマーフィルムとこすれあうようになっている。研究チームは、この摩擦で生み出された電気が電灯やモニター画面やさらに他のいろいろな端末へ電力を供給する様子を見せてくれた。

「このエネルギーによって、センサーのような実証用の低消費電力端末はもちろん、LEDや液晶ディスプレイを外部電源なしで稼働できます」(サンウ教授)。

開発チームは、この「スマートな」布が、人々を、彼らが日常的に使っている製品につなぐと想像している。「もし将来的に『モノのインターネット』関連技術が発展していくとしたら、さまざまなセンサーが人間の皮膚に取り付けられるでしょう。この布は、それらのセンサー用の独立電源になりえます」(サンウ教授)。

折りたたむことができる布は、かさばる電池よりもずっと身につけやすい。「自分の歩行によって携帯電話を充電する」という世界が、一歩現実に近づいたと言えるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。