大阪百貨店決戦! 増床・新店に沸くキタ、供給過剰の懸念もたげる


三越伊勢丹は大丸梅田とは対照的に、自主編集売り場を約30%取った。「手作りっぽい店を作ることで存在感を出すこと以外、梅田では成功しない。人手はかける」(同)。

従業員の半数はJR京都伊勢丹から異動させ、残りは新規に採用する。京都も大阪分を新規採用で埋めるため、「一時期的に2店とも接客の質が落ちるおそれがあるぞと、現場に奮起を促している」(同)。

熱を帯びるキタ戦争は、来年のうめだ阪急増床オープンで、いよいよ佳境を迎える。新宿伊勢丹と並び称されるファッション性の高さに加え、1平方メートル当たり売上高も新宿伊勢丹の348万円(09年度)に次ぐ262万円(09年10月~10年9月)と、抜群の効率性を誇る。

「ものを置かない売り場を作るつもりだ」。業界随一の論客としても知られる椙岡俊一・エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリング会長兼CEOは、うめ阪の方向性をこう示唆する。「一寸のすき間なく商品を並べれば効率が上がったのは、ものがよく売れた時代の話だ」。逆説的には、商品点数は少ないほうがいいというわけだ。「ゼロからあんな大きな店を作ることはおそらくもうない」と、駆体や音響、電源、昇降機能を徹底的に作り込んだとも明かす。

うめ阪の改装は、キタの戦況を大きく左右するだけではない。07年まで業務提携する仲だった“東の伊勢丹、西の阪急”という両横綱が、大阪の街で百貨店業態の可能性を競い合う正面対決でもある。その行方を、日本中が注目している。

(週刊東洋経済編集部 =週刊東洋経済2011年4月9日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。