有料会員限定

シリコンバレーでは早くも「生成AIバブル」か 日本企業は「ババ」を引かされないようにご用心

✎ 1〜 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 最新
拡大
縮小

シリコンバレーでは、不調だった企業が「生成AI」を自称し投資を呼び込もうとする例も。

トランプのジョーカーを指差すビジネスパーソン
投資話が巡ってきたら、なぜ自社にその話が来たかよく考えたほうが良い。(写真:bee / PIXTA)

特集「ChatGPT 仕事術革命」の他の記事を読む

爆発的に普及する対話型AIのChatGPT。日本企業の中にも社内での業務や事業に活用しようという動きがあるが、一方で情報漏洩や著作権などのリスクに対する懸念もある。4月17日発売の『週刊東洋経済』では「ChatGPT 仕事術革命」を特集。「第4次AIブーム」の本格的な到来に備えて会社員が知るべき生成AIの今を追った。(この記事は本特集内にも収録されています)

再び、AI(人工知能)スタートアップ企業が巨額の資金を集めている。生成AIの社会実装が急速に進み、多数のVC(ベンチャーキャピタル)が出資を行っているのだ。過去にも何度かAIブームはあったが、今回は何が変化しているのだろうか。

注目するVCは限定的だった

現在、AIの世界では識別系だけでなく生成系への活用が起きている。2022年夏ごろから、テキストから画像を生成するStable DiffusionやMidjourney、DALL-E 2などが登場した。そして最大の起爆剤となったのは、2022年11月末にベータ版が発表され、瞬く間に1億人のユーザーを獲得したChatGPTだ。

次ページブームが始まった後では株式の評価が高くなる
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ChatGPT 仕事術革命
利用に慎重な日本企業、正しい「恐れ方」が必要
文系AI人材が「最低限知るべきこと」を徹底解説
秘伝の「質問術」で経済記事を書かせてみると?
1~2日かかっていた調査が1分程度でできる!
サイバー安全対策に詳しい中谷昇氏に聞いた
「食べログ」掲載店舗とアマゾン配達員の嘆き
多言語翻訳、文字起こし、動画要約・・・・・・
数年前から着実に進んできたMS「AI適応」の成果
生成AIの進化で計算量が爆増、GPU市場が急拡大
日本企業は「ババ」を引かされないようにご用心
プリファード・ネットワークス西川徹CEOに聞く
中国の有力AIベンチャートップが明かす内実
米国、日本に上場する「有望AI企業」を一挙紹介
ChatGPT到来を予言したSF作家が語るAIの未来
法律相談から名作ゲーム、菓子のグリコまで
弁護士が易しく解説「著作権侵害になる利用法」
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内