有料会員限定

クリエーターの75%は凡庸ならばAIに抹殺される ChatGPT到来を予言したSF作家が語るAIの未来

✎ 1〜 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 17
拡大
縮小

「ディストピア」を阻止できるのは人間の希望だけ。20年後のAIと社会の未来を大胆に描く。

『AI 2041』共著者、SF作家のチェン・チウファン氏
チェン・チウファン(陳 楸帆)/『AI 2041』共著者、SF作家。1981年、中国広東省生まれ。北京大学卒業後、百度(バイドゥ)やグーグルに勤務しながらSF短編を雑誌に発表し、受賞歴多数。中国SFのアンソロジーである『折りたたみ北京』(3作品を所収)にて、欧米でも高評価。(写真:Yilan Deng)

特集「ChatGPT 仕事術革命」の他の記事を読む

AI(人工知能)は人類の敵か、味方か。中国を代表するSF作家の一人であるチェン・チウファン氏は、近著『AI 2041』でChatGPTの到来を予言していた。チェン氏にAIと社会の未来の姿を聞いた。

──『AI 2041』は、AI学者として世界的に有名なカイフー・リー氏との共著で、あなたが2041年の社会を想像した物語を、リー氏がテクノロジー解説を担当するという構成になっています。この本にどう着手したのですか。

週刊東洋経済 2023年4/22号[雑誌](ChatGPT 仕事術革命)
『週刊東洋経済 2023年4/22号[雑誌](ChatGPT 仕事術革命)』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

まず、2人でテクノロジーのマップを描き、リー氏が現実的な視点から今後20年間のテクノロジーの進化を推測した。そのうえで社会的・文化的にぴったりの場所を選び、キャラクターを設定した。

例えばアメリカのサンフランシスコを舞台にした物語では、建設などブルーカラーが担う従来型産業にまでテクノロジーが浸透し、仕事を奪われる人々の実態が描かれる。

こうした予測は今でもあるが、社会で実際に何が起こるのかまでは議論されていない。(失業者に)ベーシックインカムを導入するにしても、ただ収入面だけでなく、自尊心や尊厳をどう守るかといった課題もある。こうした多くの要素を話し合い、最適なアングルから物語を組み立てていった。

重要なのはシステムの変化

──著書では多様なテクノロジーや未来のビジネスモデルが数々出てきます。その中で予測が難しかったテクノロジーはありますか。

テクノロジーの進化はリニア(線的)ではないので、未来を描くのはどれも難しい。ChatGPTにしても、膨大な言語モデルを何十億ものパラメーターで操作するようなことが起こっていて、予想以上の急激な変化をもたらしている。一方、核融合発電にAIが利用されてクリーンエネルギー生産が実現すれば、エネルギーの心配がなくなり、文明がすっかり変わる可能性もある。

次ページSFは未来をインスパイアするもの
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ChatGPT 仕事術革命
利用に慎重な日本企業、正しい「恐れ方」が必要
文系AI人材が「最低限知るべきこと」を徹底解説
秘伝の「質問術」で経済記事を書かせてみると?
1~2日かかっていた調査が1分程度でできる!
サイバー安全対策に詳しい中谷昇氏に聞いた
「食べログ」掲載店舗とアマゾン配達員の嘆き
多言語翻訳、文字起こし、動画要約・・・・・・
数年前から着実に進んできたMS「AI適応」の成果
生成AIの進化で計算量が爆増、GPU市場が急拡大
日本企業は「ババ」を引かされないようにご用心
プリファード・ネットワークス西川徹CEOに聞く
中国の有力AIベンチャートップが明かす内実
米国、日本に上場する「有望AI企業」を一挙紹介
ChatGPT到来を予言したSF作家が語るAIの未来
法律相談から名作ゲーム、菓子のグリコまで
弁護士が易しく解説「著作権侵害になる利用法」
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内