有料会員限定

オープンAIに「スター開発者」が続々移る背景 中心は30代、元テスラやグーグル社員も

✎ 1〜 ✎ 264 ✎ 265 ✎ 266 ✎ 最新
拡大
縮小
パソコンを見ながら話すアルトマンCEOとムラティCTOたち
優秀な人材を集めるオープンAI。左端がアルトマンCEO、同2番目がムラティCTO(写真:The New York Times/Redux/アフロ)

対話型AI(人工知能)のChatGPTを開発する、米オープンAIのサム・アルトマンCEOが来日し、4月10日に岸田文雄首相と面会した。オープンAIはもともと、5月から海外の利用者や開発者に会うワールドツアーを行う予定だったが、それに先立っての来日。目的は、一種のロビー活動をするためだ。

欧米で強まる規制論

というのも、欧米ではオープンAIに対する規制論が盛り上がっているからだ。3月28日には、オープンAIの最新言語AIである「GPT-4」を超えるようなAIシステムの開発は社会にリスクを与える可能性があるとして、AIの安全性について研究する非営利団体Future of Life Instituteが6カ月の開発停止を訴えた。

次ページ「味方」国を増やしたいオープンAIが注目したのが
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内