有料会員限定

フランシス・フクヤマが語るロシア後の世界 「歴史の終わり」論で読む新冷戦時代と危機

印刷
A
A
ウクライナの勝利により自由が再生し、民主主義は前進するとフランシス・フクヤマは説く(写真:Ivor Prickett/The New York Times)

ロシアのウクライナ侵攻をきっかけに、『歴史の終わり』(1992年出版)の著者フランシス・フクヤマに改めて世界の視線が注がれている。冷戦終結で「歴史の終わり」を宣告したフクヤマには冷戦後、世界的大事件が起きるたびに「歴史は終わっていないのでは?」と冷やかしの声が上がる。フクヤマの著書をまともに読んでいない人々の言い分で、知識人の議論ではない。

「歴史の終わり」とは、人類の政治制度は「自由と民主主義」以外に選択肢がないとする思想史上の結論を指す。自由と民主主義の下でもさまざまな問題は起きる。今回の侵攻を受け自由と民主主義はどこへ向かうのかということが大きな関心を呼び、フクヤマに世界の論客やメディアの目が向かった。

「自由と民主主義」の行方

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内