韓国当局、産経前支局長の出国禁止を解除

「人道的な面を考慮」して8カ月ぶり

 4月14日、韓国司法当局者は、朴槿恵大統領への名誉毀損で在宅起訴された産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長に対する出国禁止措置が解除されたと明らかにした。写真は朴大統領。ソウルで1月撮影(2015年 ロイター/Jung Yeon-Je/Pool)

[ソウル 14日 ロイター] - 韓国司法当局者は14日、朴槿恵大統領への名誉毀損で在宅起訴された産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長に対する出国禁止措置が解除されたと明らかにした。

韓国検察は昨年10月、加藤氏が同年8月3日に書いた朴大統領に関する記事は「虚偽の情報」に基づくものだと結論付け、同氏を在宅起訴していた。

韓国メディアは出国禁止措置解除について、同氏の母親が病気であることや、8カ月間家族と離れ離れになっていることなどを当局が「人道的に考慮した」結果だと伝えている。

加藤氏はロイターに対し、現在進行中の裁判には出席する意向を示した。次回の公判は20日に行われる予定。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT