韓国当局、産経前支局長の出国禁止を解除

「人道的な面を考慮」して8カ月ぶり

 4月14日、韓国司法当局者は、朴槿恵大統領への名誉毀損で在宅起訴された産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長に対する出国禁止措置が解除されたと明らかにした。写真は朴大統領。ソウルで1月撮影(2015年 ロイター/Jung Yeon-Je/Pool)

[ソウル 14日 ロイター] - 韓国司法当局者は14日、朴槿恵大統領への名誉毀損で在宅起訴された産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長に対する出国禁止措置が解除されたと明らかにした。

韓国検察は昨年10月、加藤氏が同年8月3日に書いた朴大統領に関する記事は「虚偽の情報」に基づくものだと結論付け、同氏を在宅起訴していた。

韓国メディアは出国禁止措置解除について、同氏の母親が病気であることや、8カ月間家族と離れ離れになっていることなどを当局が「人道的に考慮した」結果だと伝えている。

加藤氏はロイターに対し、現在進行中の裁判には出席する意向を示した。次回の公判は20日に行われる予定。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
  • 小幡績の視点
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。