韓国当局、産経前支局長の出国禁止を解除

「人道的な面を考慮」して8カ月ぶり

 4月14日、韓国司法当局者は、朴槿恵大統領への名誉毀損で在宅起訴された産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長に対する出国禁止措置が解除されたと明らかにした。写真は朴大統領。ソウルで1月撮影(2015年 ロイター/Jung Yeon-Je/Pool)

[ソウル 14日 ロイター] - 韓国司法当局者は14日、朴槿恵大統領への名誉毀損で在宅起訴された産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長に対する出国禁止措置が解除されたと明らかにした。

韓国検察は昨年10月、加藤氏が同年8月3日に書いた朴大統領に関する記事は「虚偽の情報」に基づくものだと結論付け、同氏を在宅起訴していた。

韓国メディアは出国禁止措置解除について、同氏の母親が病気であることや、8カ月間家族と離れ離れになっていることなどを当局が「人道的に考慮した」結果だと伝えている。

加藤氏はロイターに対し、現在進行中の裁判には出席する意向を示した。次回の公判は20日に行われる予定。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。