韓国当局、産経前支局長の出国禁止を解除

「人道的な面を考慮」して8カ月ぶり

 4月14日、韓国司法当局者は、朴槿恵大統領への名誉毀損で在宅起訴された産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長に対する出国禁止措置が解除されたと明らかにした。写真は朴大統領。ソウルで1月撮影(2015年 ロイター/Jung Yeon-Je/Pool)

[ソウル 14日 ロイター] - 韓国司法当局者は14日、朴槿恵大統領への名誉毀損で在宅起訴された産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長に対する出国禁止措置が解除されたと明らかにした。

韓国検察は昨年10月、加藤氏が同年8月3日に書いた朴大統領に関する記事は「虚偽の情報」に基づくものだと結論付け、同氏を在宅起訴していた。

韓国メディアは出国禁止措置解除について、同氏の母親が病気であることや、8カ月間家族と離れ離れになっていることなどを当局が「人道的に考慮した」結果だと伝えている。

加藤氏はロイターに対し、現在進行中の裁判には出席する意向を示した。次回の公判は20日に行われる予定。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。