自動車に欠かせないオイルシール世界大手のNOKが福島2工場で正常操業再開【震災関連速報】

自動車に欠かせないオイルシール世界大手のNOKが福島2工場で正常操業再開【震災関連速報】

自動車エンジンなどの油漏れを防ぐオイルシールで世界大手のNOKは、東日本大震災の直後から操業を停止していた福島県内の2工場を、29日までに再稼働した。

停止していたのは福島事業場(福島県福島市永井川字続堀)、二本松事業場(福島県二本松市宮戸)。震災直後は停電が続き、現状確認もままならなかったが、その後順調に電力や工業用水などのインフラが復旧。生産設備の点検や試運転を終え、29日に正常操業が可能な状態へと復旧した。

NOKは自動車の至る所で使われるオイルシールで国内シェア7割、世界シェア5割を握る。1台の自動車に搭載される点数は200点を超え、小さいながらも自動車生産には欠かせない部品だ。大部分は福島の2工場が生産を担当しており、自動車業界内外で操業停止による悪影響が懸念されていた。

ただ、そのNOKにしても部品不足に悩む取引先の自動車メーカーが、依然として生産を止めているか、低水準の生産にとどまっている。このため、NOKも29日の復旧後は低操業を強いられている。

また、懸念材料もある。オイルシールは金属とゴムを組み合わせた製品が多いが、NOKと取引のあるメーカーなどからは、「そもそもゴム製品に不可欠な加硫促進剤で国内シェア7割を持つ薬品メーカーが被災しており、復旧に時間がかかっている。供給不安は解消されていない」との話も出ている。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT