仙台フィルが「音楽の力による復興センター」を立ち上げ

被災地の復興に向け、プロの演奏家が音楽で貢献していく取り組みが始まった。

3月28日、宮城県仙台市に本拠を置くプロオーケストラの仙台フィルハーモニー管弦楽団は、「音楽の力による復興センター」事業を立ち上げた。楽団員が被災地にある避難所や病院を訪問し、クラシック音楽を演奏。犠牲になった人たちを鎮魂すると同時に、被災者には復興に向けた勇気を与えていくプロジェクトだ。
 
 それに先立つ26日には、震災後初めてのコンサート「鎮魂、そして希望」を宮城野区の見端寺で開催した(写真)。約30人の団員が、バーバーの「弦楽のためのアダージョ」など6曲を演奏し、会場に集まった100人ほどの聴衆に大きな感動を与えた。

こうした演奏会を継続的に行うために立ち上げたのが「音楽の力による復興センター」だ。4月以降は、市内に常設の演奏拠点を置き定期的に演奏会を開催。さらに、県内の病院などへの出張コンサートも行う計画だ。

被災を免れた団員と楽器

地震があった3月11日14時46分、仙台フィルの団員は、その夜に仙台市青年文化センター・コンサートホールで行う演奏会に向けて、舞台上でゲネプロ(最終稽古)の準備をしていた。ゲネプロ開始は15時。貴重な楽器はホール内にあり、団員、楽器とも被災を免れたという。

とはいえ、当然のことながら、6月までの演奏会はすべて中止。そのあとについてもメドが立っていない状況だ。

ふたたび立派なホールで演奏会をできる日までは楽器から離れ、別の形で地元の復興に貢献する選択肢もあったかもしれない。が、音楽にだからこそできることがある、それを今やらなくてどうするのか--そんな楽団員の思いが結集して、「音楽の力による復興センター」が生まれた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT