IHIは相馬工場で一部操業再開、完全復旧にはなお時間要す【震災関連速報】

IHIは相馬工場で一部操業再開、完全復旧にはなお時間要す【震災関連速報】

IHIは29日、東日本大震災で被災した相馬第一・第二工場(福島県相馬市)のうち、被害が軽微だった加工棟で一部操業を再開した。再開した部分は工場全体から見ればごく一部だが、その他の加工棟でも復旧作業を進めており、順次、稼働を再開する予定だ。ただ、工場全体が稼働する時期は、現時点でははっきりしないという。

相馬第一・第二工場は、航空宇宙事業本部の生産拠点として、航空エンジン部品、ガスタービン部品、宇宙関連部品などを生産している。主な顧客は防衛省のほか、米国GE、英国ロールスロイスなどの航空エンジンメーカーで、数は限られている。今回、操業を再開した部分が第一、第二工場のどちらにあるかなど詳しい点については、明らかにしていない。

(柿沼 茂喜 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。