大川隆法氏の亡き後「幸福の科学」はどこへ? 東大卒、大手商社から宗教家に転じた異色人生

✎ 1〜 ✎ 20 ✎ 21 ✎ 22 ✎ 最新
拡大
縮小
幸福実現党を立ち上げるなど政治活動に力を注いだ。(撮影/藤倉義郎)
幸福の科学教祖(創始者兼総裁)の大川隆法氏が3月2日に亡くなった。
本稿執筆時点(3月11日)で、いまだ教団は教祖の死を公式にアナウンスしていないが、内部では「肉体的には亡くなった」として「復活の祈り」が行われている。
今後、この教団はどうなっていくのだろうか。

大川氏にまつわるいくつかの誤解

「大川隆法」といえば一般的には、さまざまな人物、神、宇宙人などの霊を呼び出して大量の書籍を販売している人というイメージが強いのではないだろうか。突拍子もない人物が登場するだけに「イタコ芸人」などという言葉もネット上にはある。しかし、死者の遺族の個別ニーズに応えるイタコと、大川氏が決めた霊を呼び出し不特定多数の信者や部外者に向けて教義や教団の方針等を示す霊言とは、根本的に性格が異なる。

大川氏を「金目当ての新興宗教の教祖」と見る人もいるかもしれない。ここは人によって解釈が分かれるところだろうが、少なくとも、13年間、幸福の科学を取材してきた筆者の印象は違う。

幸福の科学は、後述の政治活動や教育授業に、信者から集めたお金を湯水のごとく投入している。自分の懐にお金を集めたがる教祖だったら、こうはならないだろう。

教団内の不採算部門の担当者に対して厳しいなど、大川氏が金にうるさい人物であることを示すエピソードを関係者から聞くことはある。しかし私腹を肥やすというよりも、教団の大型化や多角化によって企業経営者的な手腕を誇示したいがための態度・言動といった印象だ。

霊言についても、大川氏が自身の能力を本気で信じていたと思える節がある。家族だけのプライベートな会話でも大川氏が霊を呼び出して霊言を続けていたとする、近親者の証言がある。亡くなった直後に発刊された書籍には、死の9日前の日付で大川氏の言葉が残されている部分がある。高熱と呼吸困難に見舞われながら、白石麻衣や柴咲コウといった女優の守護霊を自分の体内に入れると一時的に発作が治まったとする文章だ。

「優れた経営手腕を持つ、霊能力者」。大川氏は、最期までそんな自己像を貫いていたようだ。

教団の立宗から拡大の時代へ

1956年に徳島県で生まれた大川氏は、東京大学法学部の卒業間際に、「イイシラセ」という内容の霊界からの通信を受信し、霊能力に目覚める。大手商社のトーメン(現豊田通商)に就職するが、在職中の1985年に初の単行本『日蓮聖人の霊言』(善川三朗編、潮文社)を出す。大川氏、父の善川、兄の富山誠(いずれも故人)との共著だ。善川は、GLA教祖の高橋信次や生長の家教祖の谷口雅春の影響も受けており、幸福の科学の霊言や教義にもそれがうかがえる。

次ページ拡大路線を鮮明に
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT