有料会員限定

上方修正の期待大、今期業績「強気」トップ50 四季報最新号の独自予想を基にランキング

✎ 1〜 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 最新
拡大
縮小

『会社四季報』最新号の独自データを基に、今期業績予想が会社計画より「強気」な企業をランキングした。

上昇する矢印と牛に乗ったビジネスパーソンのイラスト
『会社四季報』春号の独自予想を基にランキング(イラスト:Zenzen / PIXTA)

特集「株の道場 米国株&日本株」の他の記事を読む

混迷が続く株式市場を見る上では、多角的な視点が必要だろう。そこで、従来の日本株投資だけでなく、米国株も選択肢に入れた”二刀流”を考えてみたい。足元では両市場とも一進一退が続くが、いまが「仕込み場」と捉えれば、仕込んだ結果のリターンは「ダブル」で享受できることになる。

3月13日発売の『週刊東洋経済』では、「株の道場 米国株&日本株」を特集。『会社四季報』春号(3月17日発売)の最新予想に加え、『米国会社四季報』の作成ノウハウを生かし、日本株・米国株の最新ランキングなどを多数掲載。「お宝銘柄」を発掘するノウハウをお伝えしている。その特集の中から、四季報予想を基としたランキングをお届けする。

今期業績が強気な企業トップ50

この時期になると3月決算企業の今期業績の着地点が見えてくる。

週刊東洋経済 2023/3/18特大号(株の道場 米国株&日本株)
『週刊東洋経済 2023/3/18特大号(株の道場 米国株&日本株)』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

利益が30%以上上振れるなら適時開示ルールで会社計画を修正するが、慎重に判断して据え置く企業は少なくない。

一方、『会社四季報』は、上場全社に対して取材を行い、同業他社の動向などを踏まえて独自の業績予想を掲載している。

もちろん会社計画が弱気すぎると判断することもある。

そこで、春号の四季報予想の今期営業利益が会社計画に比べてどれだけ強気か、「乖離率」の形で集計、その乖離率が高い企業を順に並べた。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
株の道場 米国株&日本株
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内