有料会員限定

四季報ランキング、来期純利益「上方修正」100 金融にリオープン、インバウンドが続々と

✎ 1〜 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 最新
拡大
縮小

3月17日発売の『会社四季報』春号から、来期業績に基づいた「純利益上方修正ランキング」をお届けする。

ソニー・ホンダモビリティ「AFEELA」のプロトタイプEV
ソニーは自動車事業に参入、成長が続きそうだ (編集部撮影)

特集「株の道場 米国株&日本株」の他の記事を読む

混迷が続く株式市場で投資の成果をあげるためには、日本株だけでなく、米国株も選択肢に入れた”二刀流”を考えてみたい。足元では両市場とも一進一退が続くが、いまが「仕込み場」と捉えれば、仕込んだ結果のリターンは「ダブル」で享受できるだろう。
3月13日発売の『週刊東洋経済』では、「株の道場 米国株&日本株」を特集。『会社四季報』春号(3月17日発売)の最新予想に加え、『米国会社四季報』の作成ノウハウを生かし、日本株・米国株の最新ランキングなどを多数掲載。「お宝銘柄」を発掘するノウハウをお伝えしている。その特集の中から、四季報のデータから抽出したランキングをお届けする。

ソニーはIFRS移行後初の1兆円台に

来期に飛躍する企業はどこか。業績が上向く可能性をいち早く把握すれば、株価上昇を先取りできる。

週刊東洋経済 2023年3/18特大号[雑誌](株の道場 米国株&日本株)
『週刊東洋経済 2023年3/18特大号[雑誌](株の道場 米国株&日本株)』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

来期純利益予想を『会社四季報』前号と比べ、上方修正額、上方修正率が大きい順にランキングした。3カ月前と比べて「この企業の業績は今後上向きそうだ」と記者が判断した好調銘柄だ。もちろん足元の業績拡大も来期好調の背景にある。

修正「額」で1位だったのはソニーグループ。2024年3月期は、柱のゲームでプレイステーション5が好調で大型ソフトの販売も伸びる。音楽は配信市場の成長が続くほか、半導体も堅調維持の見通しだ。IFRS(国際会計基準)移行後初の1兆円台に到達する。

2位は大阪ガス。今23年3月期は米国LNG基地の操業停止長期化が響くうえ、電力は調達費増に料金転嫁が追いつかず大幅減益となる見通し。だが、来期は米国基地が5月に全面再開し、LNG出荷が正常化する。電力も燃料高先行による期ずれ差損が解消し、業績が急回復する。同じく東邦ガス(24位)も期ずれ差損解消と電力の料金転嫁で収支が改善する。

次ページ5類移行で伸びる会社
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
株の道場 米国株&日本株
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内