話題の「ChatGPT」、そのすごさと″限界"のワケ 自然な会話ができるサービスが生まれた経緯

拡大
縮小
ChatGPTの仕組みについて解説します(画像:metamorworks/PIXTA)
昨年末にChatGPTという、大規模自然言語AIモデルを用いたチャットサービスが公開されると、IT業界はもとより一般のビジネスパーソンにも、その自然な応対に驚きの声が広がった。一方で現在のAI技術には限界もある。
本稿では、ChatGPTのすごさと限界、そしてその理由を探ることで、AIを「シゴトの道具」として使うためのヒントを探すことにしたい。

GPTが「驚き」をもたらした背景

ChatGPTは誰もが利用できるため、「一体何?」という方は、まず自分でChatGPT公式サイトにアクセスしてみることを勧める。百聞は一見に如かず。予備知識なしに使った人の多くは少なからず驚き、中には人間的な応対をAIが行うことに畏怖の念を覚える人も多いだろう。

なぜこのように自然な会話ができるチャットサービスが生まれたのか。

まずはその経緯や仕組みへの理解を深めておきたい。技術的な知識は必要ないが、どのように動いているのか概略を知っていると、AIを使いこなす際には大きなヒントとなる。

ChatGPTの公式サイトにアクセスして質問を入力するとこのように答えが返ってくる。有料のPlusもあるが基本的には誰でも利用可能(筆者撮影)

ChatGPTの基礎になっているのはOpenAIのGPT(Generative Pre-trained Transformer)という技術だ。「T」の部分、すなわち「Transformer」とは、連続するデータ列の関係性を追跡し、データの登場する順番やパターンなどを学習していくことで、文脈や意味を学習させようというニューラルネットワーク処理だ。

ニューラルネットワークというのは、人間の脳の働き方を模したコンピューター処理の手法だと考えればいい。

次ページ自然な文章を生成可能にしたのは
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT