日本はいつまで「真の民主主義」を維持できるか 中国やロシア並み「専制主義国」が増殖している

✎ 1〜 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 最新
拡大
縮小
 
2月1日にロンドンで行われたストライキ集会に参加する学校教師たち。この日のストは鉄道運転手、大学職員、公務員なども参加した大規模なものとなった(写真:Bloomberg)

イギリスで2月1日、教師や公共交通機関の職員などおよそ50万人が待遇改善を求めてストライキを行いました。この報道を受け、筆者もロンドンに住んでいた時に何度か市内の地下鉄やバスのストライキがあったことを思い出しました。

バス通勤でしたので、ストの時には1時間以上も歩いて会社に行かねばならず苦労しましたが、社会全体では「ストライキは労働者の当然の権利」という意見が大勢を占めていたことが強く印象に残っています。今回のストライキについても、イギリスBBCなどはこうした市民の声を強調していました。

日本では捉え方が異なります。ロンドンのストライキについて、日本のメディアは、「労働者の権利」といったことよりも、ロンドンに来ていた日本人観光客の「折角来たのに、大英博物館が閉鎖で残念」といった声をとりあげていました。

こうした報道が象徴するように、デモやストライキは、日本では、よく思われていません。過去の極左や極右による暴力的なデモを見てきたことに加え、もともと「人に迷惑を掛ける行為」に対する嫌悪感が非常に強いことも背景にあると思われます。

デモやストは健全な民主主義の証

デモやストライキは民主主義国において、国民がその声を政治や世の中に伝えるひとつの手段です。フランスでも1月19日、年金支給開始年齢を引き上げる年金改革に反対するデモが行われました。パリでは4万人、フランス全土では100万人超が参加したと報道されています。

フランスやイギリスで大規模にこうした行為が行われることは、民主主義国として健全な証とも言えます。ただし今、世界全体ではこの民主主義が大きな岐路に立たされています。

次ページ「真の民主主義国」が大きく減っている
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT