EU離脱でイギリス経済の損失は約16兆円の試算 企業投資の大きな低下と労働力不足が主因

拡大
縮小

欧州連合(EU)離脱で英国経済には年1000億ポンド(約16兆円)の損失が生じている。企業の投資や人材プールなど、あらゆる局面に影響は及ぶ。

ブルームバーグ・エコノミクス(BE)はEU離脱後3年間の英国経済を分析。見えてきたのは、保守党政権によるEU離脱で損失を被った暗い姿だった。

BEのエコノミスト、アナ・アンドラーデ氏とダン・ハンソン氏は、英国の現在の国内総生産(GDP)はEUを離脱しなかった場合と比べ4%小さいと試算。企業投資が大きく低下したほか、EU出身労働者が減少したことによる労働力不足が広がっている。

両エコノミストは31日公表したリポートで、「EU離脱を支持した2016年の国民投票は、英国の経済的自傷行為だったのだろうか。これまでの証拠からは、そうだったと示唆される」と指摘。「われわれや大半のエコノミストが予想したよりも、英国経済に対するEU離脱の影響が早く表れている可能性にも留意すべきだ」と述べた。

スナク首相は英国にとってEU離脱は「とてつもなく大きな好機」であり、その好機が生かされつつあると主張しているが、今回の分析はその主張を突き崩す。EU離脱で英国は自由に貿易を活性化させ、ロンドン金融街の銀行にとって有利なように金融サービスを改革することが可能になった。

BEのリポートは、EU離脱によって失われたGDPを算出するのは「容易ではなく、正確でもない」と認めている。EU離脱が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)と重なったため、その困難はさらに増したという。

次ページG7との成長格差が広がる
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT