有料会員限定

日銀が振り回す「2023年株式市場」の大胆シナリオ 4月からの新体制下で調整局面、買い場はどこか

✎ 1〜 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 最新
拡大
縮小

ポスト黒田を投資のプロはどう織り込むか。2023年相場を予測。

東証アローズの電光掲示板
日銀の動向は株式市場を左右する主要なファクターだ(写真:Ystudio / PIXTA)

特集「日銀 宴の終焉」の他の記事を読む

日本銀行の新体制が発足した暁には、利上げなど出口戦略への転換が予想される。その際、無視できないのが株式市場への影響だ。

現に2022年12月20日、長期金利操作の許容変動幅を従来のプラスマイナス0.25%から同0.5%に引き上げると日銀が発表したときは、日経平均株価は前日比669円安の2万6568円に下落した。23年はいっそう、日銀の一挙手一投足に市場の注目が集まる。

「ポスト黒田」相場をどう見通すか。ピクテ・ジャパン投資戦略部ストラテジストの糸島孝俊氏は、5〜6月あたりに日経平均が2万4000円程度まで下がるのではないかと予想する。

調整局面が「絶好の買い場」

米国の金融引き締めや米中摩擦の影響で、年間を通して上値が重い中、4月に就任する新総裁が1〜2カ月かけて金融政策を点検するだろうと糸島氏はみる。これに基づき、異次元緩和脱却の政策スタンスが示されたタイミングで、株価に大きな調整が入るというシナリオだ。

この悪材料を織り込んで相場は底を打ち、年末にかけて2万7000円前後まで反発の余地があると予想する。ゆえに糸島氏はこの調整局面が「絶好の買い場」になるだろうと話す。ただ、出口の見えない米中摩擦に加えて企業業績へのインフレ影響など日銀以外の側面で不安材料が散見され、2万9000〜3万円超えは期待薄という考えだ。

次ページより強気なシナリオを唱えるプロも
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
日銀 宴の終焉
岩田規久男氏「増税容認発言で自分の首絞めた」
翁邦雄氏「黒田総裁は流行りの理論を過信した」
4月に迫る総裁交代「芸術家肌vs努力家」の行方
「政治の支配」をめぐり日銀と官邸を包む緊張感
金利上昇に期待しカラ売りに懸ける市場関係者
5つの疑問にQ&A形式でエコノミストが答える
日本の金融政策が世界で孤立した分岐点を探る
有名企業がズラリ「日銀が大株主」銘柄トップ200
日銀による「10%以上保有」は68社にのぼる
四半世紀にわたる「日銀vsデフレ」を追った秘録
実は多い行内結婚、狭くて険しい出世の道のり
4月からの新体制下で調整局面、買い場はどこか
黒田総裁が心酔した「中央銀行万能論」の問題点
早川英男氏、前田栄治氏、門間一夫氏が白熱議論
あのSBI北尾社長も「最も難しい年」と警戒態勢
植田日銀総裁候補は国会の所信聴取で何を語るか
「日銀ウォッチャー」みずほ証券・小林氏に聞く
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内