有料会員限定

日銀「ポスト黒田選び」で有力視される2人の素顔 4月に迫る総裁交代「芸術家肌vs努力家」の行方

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

混迷を深める日銀の新総裁人事。金融緩和の後始末を誰が引き受けるのか。

総裁候補の中曽氏と天宮氏のイラスト
日銀の「戸締まり」を託された総裁候補の横顔(イラスト:髙栁浩太郎)

特集「日銀 宴の終焉」の他の記事を読む

1月16日発売の『週刊東洋経済』1月21日号では「日銀 宴の終焉」を特集(アマゾンでの予約・購入はこちら)。黒田日銀が推し進めた「異次元緩和」という10年の宴は終わり、金融政策は正常化へ舵を切ろうとしている。この壮大な社会実験は何をもたらしたのか。4月に発足する新体制はどこへ向かうのか。マーケットは、日本経済は、これからどうなるのか。この記事は本特集内にも収録しています。

政治から消えるリフレ派

4月に終わりを迎える黒田日銀より一足先に、アベノミクスの勃興を支えた10年余に及ぶ活動を、ひっそりと閉じた議員連盟があった。

週刊東洋経済 2023年1/21号 [雑誌]
『週刊東洋経済 2023年1/21号 [雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

議連はかつて自民党内での日本銀行批判の先鋒になり、大胆な金融緩和を提唱した。2011年、党きってのリフレ派議員、山本幸三氏が中心となって設立。会長には首相への返り咲きを狙う安倍晋三氏が就いた。その議連で安倍氏は、インフレで景気拡大を起こすリフレ派の経済政策に親しみ、後に知恵袋となる経済学者の浜田宏一氏や岩田規久男氏と出会った。

22年10月24日、永田町・自民党本部の会議室で開かれた解散式。「アベノミクスは永遠です!」。山本氏が高らかに最後のあいさつを終えると、出席した議員からはまばらな拍手が鳴った。

その山本氏も21年の総選挙で落選。「今がデフレを脱却できるかどうかの正念場なのに」と山本氏は肩を落とす。「かつてのようなリフレ派の勢いが政治にない」。

物価高は家計を苦しめるもの。円安と相次ぐ値上げで、さまざまな世論調査がそうした市民の声を映し出す中、昨年来、政治の風向きは変わっている。

日銀政策委員会の審議委員人事をめぐる昨年の一幕は、その象徴だった。リフレ派の審議委員、片岡剛士氏が同年7月に5年の任期を終えるため、後任を決める段になった。安倍氏・本田悦朗氏といった過去10年、審議委員にリフレ派を送り込んできたラインが推薦したとみられる識者は、第一生命経済研究所の永濱利廣氏だった。

次ページリフレ派の推薦をはねつけた岸田首相
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
日銀 宴の終焉
岩田規久男氏「増税容認発言で自分の首絞めた」
翁邦雄氏「黒田総裁は流行りの理論を過信した」
4月に迫る総裁交代「芸術家肌vs努力家」の行方
「政治の支配」をめぐり日銀と官邸を包む緊張感
金利上昇に期待しカラ売りに懸ける市場関係者
5つの疑問にQ&A形式でエコノミストが答える
日本の金融政策が世界で孤立した分岐点を探る
有名企業がズラリ「日銀が大株主」銘柄トップ200
日銀による「10%以上保有」は68社にのぼる
四半世紀にわたる「日銀vsデフレ」を追った秘録
実は多い行内結婚、狭くて険しい出世の道のり
4月からの新体制下で調整局面、買い場はどこか
黒田総裁が心酔した「中央銀行万能論」の問題点
早川英男氏、前田栄治氏、門間一夫氏が白熱議論
あのSBI北尾社長も「最も難しい年」と警戒態勢
植田日銀総裁候補は国会の所信聴取で何を語るか
「日銀ウォッチャー」みずほ証券・小林氏に聞く
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内