有料会員限定

ソニーとの異業種連携でホンダが狙う創造と破壊 ホンダの三部社長は「猶予はない」と社員に発破

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

2040年の「脱エンジン目標」を掲げるホンダだが、次世代自動車では既成概念を越えたクルマ造りが求められる。ソニーグループとの合弁会社は、その糸口を探る場になれるのか。

ソニーが披露した新ブランドのEV「AFEELA」とソニー・ホンダモビリティの水野●●会長兼CEO
世界最大のテクノロジーの展示会「CES2023」で披露されたソニー・ホンダモビリティのEV試作車とその横に立つ水野泰秀会長兼CEO(記者撮影)

特集「ホンダ 背水の陣」の他の記事を読む

「皆さんと議論すると、既存事業の枠組みの中で電動化に移行していくと考えている人たちがほとんど。既存の価値をベースにすれば積み上げた経験は生きるが、同時にそのしがらみにとらわれる。既存事業から移行しながら変わっていく猶予はもはやない」

2023年の社員向け年頭メッセージで説くようにそう訴えたのは、ホンダの三部敏宏社長だ。

世界で販売する新車を2040年にすべてEV(電気自動車)・燃料電池車(FCV)にするという「脱エンジン目標」を三部社長が掲げたのは2021年4月。それから1年半超が経ち、世界では数百社の新興EVメーカーが勃興する。三部社長の危機感は強まるばかりだ。

次ページ一見すると「普通のEV」だが……
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ホンダ 背水の陣
ホンダの三部社長は「猶予はない」と社員に発破
テスラと日産の成功例から練るモデル展開
2030年には利益2000億円をソフトウェアで稼ぐ
2040年までに待ち受けるのは再編か淘汰か
内部資料で判明した「脱エンジン」衝撃の中身
4輪事業の営業利益率は2%と大きく見劣り
テスラが一転して1割超の値下げに転じた背景
本田技術研究所が再び独創性を示す場になる
4月人事は新副社長と新設本部の本部長に注目
EVシフトで収益減の販売店は統合再編へ
商談と契約がネットで完結、新車販売も視野
ホンダの50代社員がざわつく「早期退職プラン」
早期退職加算金は最大で年収の3年分
日本企業だと「ものづくり人材」と同じ処遇に
自動車企業総まくり「平均年間給与ランキング」
この10年で年間給与が189万円増えた企業も
ソニー・ホンダモビリティの会長と社長を直撃
次世代競争は強みの「良品廉価」が通用しない
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内