有料会員限定

ホンダが「小型宇宙ロケット」まで研究する理由 本田技術研究所が再び独創性を示す場になる

✎ 1〜 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 最新
拡大
縮小

ホンダは2輪や4輪にこだわらず、新たな商品の開発にも邁進している。

2023年までにホンダジェットを軸にした国内中心の移動サービスを開始する(記者撮影)

特集「ホンダ 背水の陣」の他の記事を読む

ホンダは自動車メーカーではない──。ホンダの幹部や社員たちはそう口をそろえる。国内の大手競合とは異なり、社名に「自動車」を含んでいないこともその表れだという。

そんな一端を、本田技術研究所に見ることができる。経営から独立した形で研究開発が行える環境をつくるため、1960年に設立された。そこで研究が進むのが、2輪や4輪とは直接結び付かない「新領域」と呼ばれる分野だ。

次ページなぜ中長期の研究開発に取り組んでいるのか
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ホンダ 背水の陣
ホンダの三部社長は「猶予はない」と社員に発破
テスラと日産の成功例から練るモデル展開
2030年には利益2000億円をソフトウェアで稼ぐ
2040年までに待ち受けるのは再編か淘汰か
内部資料で判明した「脱エンジン」衝撃の中身
4輪事業の営業利益率は2%と大きく見劣り
テスラが一転して1割超の値下げに転じた背景
本田技術研究所が再び独創性を示す場になる
4月人事は新副社長と新設本部の本部長に注目
EVシフトで収益減の販売店は統合再編へ
商談と契約がネットで完結、新車販売も視野
ホンダの50代社員がざわつく「早期退職プラン」
早期退職加算金は最大で年収の3年分
日本企業だと「ものづくり人材」と同じ処遇に
自動車企業総まくり「平均年間給与ランキング」
この10年で年間給与が189万円増えた企業も
ソニー・ホンダモビリティの会長と社長を直撃
次世代競争は強みの「良品廉価」が通用しない
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内