バフェット氏の「ジャンクフード好き」は危険

栄養学者らが栄養への考え方を懸念

3月25日、著名投資家として知られるウォーレン・バフェット氏傘下のハインツとクラフトフーズの合併が発表されたが、栄養学者らは、バフェット氏が保有する銘柄に「ジャンクフード」が多すぎる、と懸念している。写真は1月28日撮影(2015年 ロイター/ Jim Young )

[ニューヨーク 25日 ロイター] - 著名投資家として崇拝を集めるウォーレン・バフェット氏だが、保有する銘柄について、栄養学者らは「ジャンクフード」が多すぎる、と懸念している。

25日にバフェット氏傘下のハインツとクラフトフーズの合併が発表され、新たにバフェット氏のポートフォリオにベルビータ・チーズ、ジェロ、ランチャブル、オスカー・メイヤー・ウィンナー、クールエイドなどが加わることになった。

すでにバフェット氏はバーガー・キング、コカコーラ、ドーナツのティムホートンズ、シーズキャンディーズ、デイリークイーンなどを保有するが、栄養学者らはこれらの多くは「ジャンクフード」のカテゴリーに入ると指摘している。

バフェット氏自身、お気に入りの朝食はコークとUtzのポテトスティックス。さらにコークは1日に最低4本飲むという。高級レストランでのステーキ・ディナーの後、デイリークイーンのデザートをオーダーしたという逸話もある。

コロンビア大学で栄養学を担当するデビッド・セレス准教授は、「彼は食べることについて、また栄養全般に対する姿勢については、理想的な模範とは言えない」と述べている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。