元うつ病経験者が幸せそうな人を見て今思うこと 「ヒーローは一握り」サブキャラで楽しく生きる

拡大
縮小

うつ病になり、人生は一変しました。ずっと横になって過ごし、立って歩けないのでハイハイでトイレへ。日常生活の当たり前のことが当たり前にできず、文字も読めず、頭の中では常に「消えたい」という気持ちがグルグル……。

本当は就職先のベンチャー企業で輝かしい成果をあげて、将来ホリエモンやサイバーエージェントの藤田さんのようになるつもりだったのに。「悔しい」「こんなはずじゃない」と焦ったボクは、少し調子がよくなったときにすぐに週5のバイトを入れてしまい、あっという間に再発。そんなことを繰り返してきました。

自分をいっさい操作しない

自分がこれまで無意識に思っていた「自分はこうあるべきだ」「こうじゃなきゃ幸せになれない」という考えは、闘病生活の中では捨てざるを得ませんでした。だって、仕事やプライベートを充実させるどころか、トイレに行くことさえまともにできないんですから。

でも、そうした「プライド」や「欲」を捨てたことで、結果的に「人生のお荷物」を手放すことができたのです。

自分をがんじがらめにしていたプライドや欲がなくなり、ボクはものすごく自然体になりました。「疲れた」と感じたら、昔のボクは「睡眠時間を削らないとホリエモンになれない」と無理して頑張っていたけれど、今のボクなら気にせず寝ます。食べたいと思ったら食べるし、行きたくないと思ったら行かない。自分をいっさい操作しません。自分に期待もしていません。

そんな生き方を続けていると、人生がとても楽になります。100円のプリンで幸せな気持ちになったり、誰かから「ありがとう」と言われると心の底からほっこりしたり、気の合う人と話す時間が尊かったり……。些細なことに喜びを感じられる「幸せ体質」は、うつ病を経験し、すべてを手放したからこそ手に入れられたものです。

次ページ身近にいる誰かの役に立つ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT