ローマ法王のナポリ訪問で「半奇跡」

聖人の血が半分だけ液化

3月21日、イタリア南部ナポリのカトリック大司教が、市の守護聖人であるサン・ジェンナーロの「奇跡の血」が、ローマ法王フランシスコの訪問中に液化し「半奇跡」を起こしたと述べた(2015年 ロイター/Stefano Rellandini )

[ナポリ(イタリア) 21日 ロイター] - イタリア南部ナポリのカトリック大司教が21日、市の守護聖人であるサン・ジェンナーロの「奇跡の血」が、ローマ法王フランシスコの訪問中に液化し「半奇跡」を起こしたと述べた。

「奇跡の血」はサン・ジェンナーロの血が乾燥したものとされ、一部の敬虔(けいけん)な教徒の間では、定例の日に十分な祈りをささげると固形の血が液化する「奇跡」が起こると信じられている。血の入った瓶が納められた教会をフランシスコ法王が訪れた際、半分液化したという。

法王はこれに対し「聖人はわれわれを半分だけ愛しておられるようだ。われわれはもっと修練してさらに愛されるようにならなければならない」とジョークで応えた。

この「奇跡」に懐疑的な科学者らは液化の理由について、瓶を動かすと瓶の中の化学物質が反応し、血液の粘性を変化させるとの見方を示している。法王訪問に合わせて瓶は保管室から出され、展示されていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。