2024年五輪、ドイツ・ハンブルクが立候補

開催都市は2017年に決定

3月21日、ドイツ・オリンピック委員会(DOSB)は、ハンブルクを2024年夏季五輪招致の立候補都市にすることを正式決定した。写真はDOSBのアルフォンス・ヘアマン会長。フランクフルトで16日撮影(2015年 ロイター/Ralph Orlowski)

[ベルリン 21日 ロイター] - ドイツ・オリンピック委員会(DOSB)は21日、ハンブルクを2024年夏季五輪招致の立候補都市にすることを正式決定した。

ベルリンも最終候補に残っていたが、DOSBは16日、地元での五輪開催の支持率で上回ったハンブルクを選んでいた。

DOSBのアルフォンス・ヘアマン会長は「我々全員が五輪開催を熱望している」とコメント。「将来に向けたオリンピックとパラリンピックの新コンセプトの手本になりたい」と述べた。

すでにボストンとローマが2024年五輪招致への立候補を表明しており、パリ、ドーハ、イスタンブールやバクーなどの都市も名乗りを上げる可能性がある。

申請の締め切りは9月15日。開催都市は2017年に決定する。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。