2024年五輪、ドイツ・ハンブルクが立候補

開催都市は2017年に決定

3月21日、ドイツ・オリンピック委員会(DOSB)は、ハンブルクを2024年夏季五輪招致の立候補都市にすることを正式決定した。写真はDOSBのアルフォンス・ヘアマン会長。フランクフルトで16日撮影(2015年 ロイター/Ralph Orlowski)

[ベルリン 21日 ロイター] - ドイツ・オリンピック委員会(DOSB)は21日、ハンブルクを2024年夏季五輪招致の立候補都市にすることを正式決定した。

ベルリンも最終候補に残っていたが、DOSBは16日、地元での五輪開催の支持率で上回ったハンブルクを選んでいた。

DOSBのアルフォンス・ヘアマン会長は「我々全員が五輪開催を熱望している」とコメント。「将来に向けたオリンピックとパラリンピックの新コンセプトの手本になりたい」と述べた。

すでにボストンとローマが2024年五輪招致への立候補を表明しており、パリ、ドーハ、イスタンブールやバクーなどの都市も名乗りを上げる可能性がある。

申請の締め切りは9月15日。開催都市は2017年に決定する。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT