2024年五輪、ドイツ・ハンブルクが立候補

開催都市は2017年に決定

3月21日、ドイツ・オリンピック委員会(DOSB)は、ハンブルクを2024年夏季五輪招致の立候補都市にすることを正式決定した。写真はDOSBのアルフォンス・ヘアマン会長。フランクフルトで16日撮影(2015年 ロイター/Ralph Orlowski)

[ベルリン 21日 ロイター] - ドイツ・オリンピック委員会(DOSB)は21日、ハンブルクを2024年夏季五輪招致の立候補都市にすることを正式決定した。

ベルリンも最終候補に残っていたが、DOSBは16日、地元での五輪開催の支持率で上回ったハンブルクを選んでいた。

DOSBのアルフォンス・ヘアマン会長は「我々全員が五輪開催を熱望している」とコメント。「将来に向けたオリンピックとパラリンピックの新コンセプトの手本になりたい」と述べた。

すでにボストンとローマが2024年五輪招致への立候補を表明しており、パリ、ドーハ、イスタンブールやバクーなどの都市も名乗りを上げる可能性がある。

申請の締め切りは9月15日。開催都市は2017年に決定する。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT