2024年五輪、ドイツ・ハンブルクが立候補

開催都市は2017年に決定

3月21日、ドイツ・オリンピック委員会(DOSB)は、ハンブルクを2024年夏季五輪招致の立候補都市にすることを正式決定した。写真はDOSBのアルフォンス・ヘアマン会長。フランクフルトで16日撮影(2015年 ロイター/Ralph Orlowski)

[ベルリン 21日 ロイター] - ドイツ・オリンピック委員会(DOSB)は21日、ハンブルクを2024年夏季五輪招致の立候補都市にすることを正式決定した。

ベルリンも最終候補に残っていたが、DOSBは16日、地元での五輪開催の支持率で上回ったハンブルクを選んでいた。

DOSBのアルフォンス・ヘアマン会長は「我々全員が五輪開催を熱望している」とコメント。「将来に向けたオリンピックとパラリンピックの新コンセプトの手本になりたい」と述べた。

すでにボストンとローマが2024年五輪招致への立候補を表明しており、パリ、ドーハ、イスタンブールやバクーなどの都市も名乗りを上げる可能性がある。

申請の締め切りは9月15日。開催都市は2017年に決定する。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT