植松商会は宮城、福島など5つの営業所が営業を停止、人的被害はなし【震災関連速報】

植松商会は宮城、福島など5つの営業所が営業を停止、人的被害はなし【震災関連速報】

東北を地盤とする機械工具卸、植松商会は17日、東日本大震災に伴う被害の状況を発表した。17日時点で岩手や宮城、福島の5営業所がインフラ等の問題から営業を停止している。心配された人的被害については、従業員全員の無事を確認できたという。

同社は宮城県仙台市に本社を置く中堅の機械工具販売会社。本社を含め14ある営業所のうち、13カ所が青森、岩手、宮城、福島の東北4県に集中している。

同社によると、営業停止したのは5カ所。宮古営業所(岩手県)が津波による道路遮断、石巻(宮城県)が津波で損壊、古川(宮城県)、福島の営業所は損壊懸念で、それぞれ営業を停止中。また、福島県相馬市にある原町営業所は、原発事故による避難で営業を見合わせている。

(渡辺 清治 =東洋経済オンライン)

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。