植松商会は宮城、福島など5つの営業所が営業を停止、人的被害はなし【震災関連速報】

植松商会は宮城、福島など5つの営業所が営業を停止、人的被害はなし【震災関連速報】

東北を地盤とする機械工具卸、植松商会は17日、東日本大震災に伴う被害の状況を発表した。17日時点で岩手や宮城、福島の5営業所がインフラ等の問題から営業を停止している。心配された人的被害については、従業員全員の無事を確認できたという。

同社は宮城県仙台市に本社を置く中堅の機械工具販売会社。本社を含め14ある営業所のうち、13カ所が青森、岩手、宮城、福島の東北4県に集中している。

同社によると、営業停止したのは5カ所。宮古営業所(岩手県)が津波による道路遮断、石巻(宮城県)が津波で損壊、古川(宮城県)、福島の営業所は損壊懸念で、それぞれ営業を停止中。また、福島県相馬市にある原町営業所は、原発事故による避難で営業を見合わせている。

(渡辺 清治 =東洋経済オンライン)

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT