「サクラ/ekクロスEV」が並み居る強豪に勝った訳 日本カー・オブ・ザ・イヤー2022-2023選出の裏側

拡大
縮小
日本カー・オブ・ザ・イヤー2021-2022 「日産サクラ/三菱eKクロスEV」
今年の“年クルマ”に選ばれたのは「日産 サクラ/三菱 eKクロスEV」だった(写真:日本カー・オブ・ザ・イヤー公式サイト)

12月9日、今年の「年クルマ」を選出する「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー(略称:COTY<Car Of the Year Japan>)」の最終選考会が横浜・みなとみらいにあるランドマークホールで行われた。

今年のイヤーカーに選出されたのは「日産 サクラ/三菱 eKクロス EV」だ。ちなみに日本カー・オブ・ザ・イヤーが1980年に創設されて以降43回目の開催となるが、軽自動車が受賞したのは史上初となる。

日産は2年連続、三菱は26年ぶりのイヤーカー受賞

この2台は日産自動車と三菱自動車が共同開発した兄弟車だが、日産自動車としては昨年のノートシリーズに続く受賞、三菱自動車としては第17回のギャラン/レグナム以来26年ぶりの受賞となった。

最も上位の点数を獲得した輸入車に与えられるインポート・カー・オブ・ザ・イヤーは「ヒョンデ IONIQ5」が受賞。ちなみにアジア系のメーカーが同賞を獲得したのも日本カー・オブ・ザ・イヤー史上初となる。

部門賞は秀でた内外装デザインを持つクルマに与えられるデザイン・カー・オブ・ザ・イヤーに「BMW iX」、革新的な環境・安全技術を備えたクルマに与えられるテクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤーに「日産 エクストレイル」、感動的なドライブフィールが味わえるクルマに与えられるパフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤーに「ホンダ シビックe:HEV/シビックタイプR」、そして総合的な優れた軽自動車に与えられるK CARオブ・ザ・イヤーに「日産 サクラ/三菱 eKクロス EV」が受賞。つまり、日産サクラ/三菱eKクロスEVは“ダブル受賞”となった。

この記事の画像を見る(34枚)

ちなみにノミネート車の条件は下記である。

・2021年11月1日~2022年10月31日に発表または発売されたモデル
・継続的に生産・販売が行われ、一般消費者が特別な手段を用いずに購入できること
・2022年12月下旬までに一般消費者が日本国内で購入できること
・上記の条件を満たした全ての乗用車

ちなみにマツダ「CX-60」は複数のパワートレインを用意しているが現時点で上記のルールに合致するのは3.3Lのe-SKYACTIV 3.3Dのみ、ホンダ「シビック」も上記ルールに合致するのは今年追加されたe:HEV/タイプRのみがエントリー車両となっている。

次ページ採点ルールと最終結果を改めて確認
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT