モリタHLDは仙台の消火器部品工場が被災、復旧は未定【震災関連速報】

モリタHLDは仙台の消火器部品工場が被災、復旧は未定【震災関連速報】

消防車や消火器を生産するモリタホールディングスは、消火器部品をつくる東北工場(宮城県栗原市)と仙台事務所が被災した。事務所の窓ガラスにヒビが入ったり、機械設備が倒れたりなどの損害があったが、東北工場の約100人、仙台事務所の17人の従業員は全員無事だった。

東北工場は消火器を製造する傘下の宮田工業(神奈川県茅ヶ崎市)向けに消火器の内部部品を製造して送っていた。電力が復旧し、15日からは設備の点検を進めているが、まだ混乱が続いており復旧のメドは立っていない。宮田工業は手持ちの在庫で生産を続けている。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。