モリタHLDは仙台の消火器部品工場が被災、復旧は未定【震災関連速報】

モリタHLDは仙台の消火器部品工場が被災、復旧は未定【震災関連速報】

消防車や消火器を生産するモリタホールディングスは、消火器部品をつくる東北工場(宮城県栗原市)と仙台事務所が被災した。事務所の窓ガラスにヒビが入ったり、機械設備が倒れたりなどの損害があったが、東北工場の約100人、仙台事務所の17人の従業員は全員無事だった。

東北工場は消火器を製造する傘下の宮田工業(神奈川県茅ヶ崎市)向けに消火器の内部部品を製造して送っていた。電力が復旧し、15日からは設備の点検を進めているが、まだ混乱が続いており復旧のメドは立っていない。宮田工業は手持ちの在庫で生産を続けている。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。