モリタHLDは仙台の消火器部品工場が被災、復旧は未定【震災関連速報】

モリタHLDは仙台の消火器部品工場が被災、復旧は未定【震災関連速報】

消防車や消火器を生産するモリタホールディングスは、消火器部品をつくる東北工場(宮城県栗原市)と仙台事務所が被災した。事務所の窓ガラスにヒビが入ったり、機械設備が倒れたりなどの損害があったが、東北工場の約100人、仙台事務所の17人の従業員は全員無事だった。

東北工場は消火器を製造する傘下の宮田工業(神奈川県茅ヶ崎市)向けに消火器の内部部品を製造して送っていた。電力が復旧し、15日からは設備の点検を進めているが、まだ混乱が続いており復旧のメドは立っていない。宮田工業は手持ちの在庫で生産を続けている。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT