森トラスト、雅叙園を5カ月で転売した舞台裏

"2014年の目玉物件"を電光石火の売却

オフィスやホテルで構成される「目黒雅叙園」は、海外ファンドの注目が高い(撮影:梅谷 秀司)

「本当に売却したのか」──。不動産デベロッパー大手の森トラストが2月9日に発表したリリースに、業界関係者は目がくぎ付けになった。

そこには、オフィスやホテルで構成される「目黒雅叙園」の土地と五つの建物を1月30日付で売却した、と書かれてあった。譲渡先は、米投資ファンドのラサール・インベストメント・マネージメントが組成した、特別目的会社(SPC)である。

中国ファンドが見せた執念

2014年の目玉投資案件として注目を集めた

雅叙園といえば、2014年の目玉投資案件として、業界関係者の耳目を集めた物件。森トラストは推定1300億円もの巨額資金を投じて、同年8月に米投資ファンドのローンスターから取得したばかりだった。

「あまりにも高値。採算が合わない」(外資系証券アナリスト)と指摘する関係者が当初は少なくなかった。が、森トラストはそれから5カ月後に売却。譲渡価格は1430億円とみられ、「首尾よく利ザヤを稼いだ」(国内ファンド幹部)格好だ。巨額投資を疑問視した業界関係者を黙らせる結果となった。

短期間での売買が成立した背景には、中国の政府系ファンドの存在がある。雅叙園の新しいオーナーとして大きく名前が出たのはラサールだが、雅叙園を取得したSPCに対する同社の出資比率は2.5%にすぎない。残り97.5%は中国政府系のチャイナ・インベストメント・コーポレーション(CIC)が出資している。

次ページCICはどう動いていたのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。