森トラスト、雅叙園を5カ月で転売した舞台裏

"2014年の目玉物件"を電光石火の売却

オフィスやホテルで構成される「目黒雅叙園」は、海外ファンドの注目が高い(撮影:梅谷 秀司)

「本当に売却したのか」──。不動産デベロッパー大手の森トラストが2月9日に発表したリリースに、業界関係者は目がくぎ付けになった。

そこには、オフィスやホテルで構成される「目黒雅叙園」の土地と五つの建物を1月30日付で売却した、と書かれてあった。譲渡先は、米投資ファンドのラサール・インベストメント・マネージメントが組成した、特別目的会社(SPC)である。

中国ファンドが見せた執念

2014年の目玉投資案件として注目を集めた

雅叙園といえば、2014年の目玉投資案件として、業界関係者の耳目を集めた物件。森トラストは推定1300億円もの巨額資金を投じて、同年8月に米投資ファンドのローンスターから取得したばかりだった。

「あまりにも高値。採算が合わない」(外資系証券アナリスト)と指摘する関係者が当初は少なくなかった。が、森トラストはそれから5カ月後に売却。譲渡価格は1430億円とみられ、「首尾よく利ザヤを稼いだ」(国内ファンド幹部)格好だ。巨額投資を疑問視した業界関係者を黙らせる結果となった。

短期間での売買が成立した背景には、中国の政府系ファンドの存在がある。雅叙園の新しいオーナーとして大きく名前が出たのはラサールだが、雅叙園を取得したSPCに対する同社の出資比率は2.5%にすぎない。残り97.5%は中国政府系のチャイナ・インベストメント・コーポレーション(CIC)が出資している。

次ページCICはどう動いていたのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。