ファナックは15日発生の静岡地震による被害はなし【震災関連速報】

ファナックは15日発生の静岡地震による被害はなし【震災関連速報】

NC装置で世界首位のファナックは16日、15日に発生した静岡県東部を震源地とする地震の影響はほとんどなかったことを明らかにした。東洋経済の取材に「建屋、設備ともに被害はなく工場は稼働している。従業員も無事」と回答した。

15日の地震では、ファナックの本社と主力工場が位置する山梨県南都留郡忍野村で震度5強を観測。だが、本社、工場に目立った破損はなかったという。

今後は計画停電の影響が懸念材料になりそうだ。同社の稲葉善治社長は、15日開かれた日本工作機械工業会の定例記者会見で、「停電の前後には準備が必要。毎日、従業員のシフトを変えるのは製造業にとって難しい。現時点ではその影響が一番大きいと思う」とコメントした。

(小河 真与 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。