リニア品川-名古屋間工事、2015年内着工へ

主要工区を受注する最有力ゼネコンはどこ?

山梨にあるリニアの実験センターの様子

リニア中央新幹線の工事(品川・名古屋間)がいよいよ動き出す。

JR東海は、リニア中央新幹線建設工事のうち、 南アルプス・トンネル(全長約25キロ)の山梨工区(7.7キロ、工事場所・山梨県南巨摩郡早川町)について、公募競争見積方式による建設工事契約手続きを3月13日に公表。見積書の提出期限は2015年8月12日で、今秋にも正式発注、年内着工となりそうだ。

全区間の約8割がトンネルの難工事

すでにリニア中央新幹線の品川駅工事は、指名競争見積方式で手続きが開始されているが、主要工区(品川、名古屋、南アルプス)での公募による発注手続きの公表は今回が初めて。今後、順次、ほかの工区についても発注手続きが行なわれる。

リニア中央新幹線は全長約286キロのうち、約246キロ(全体の約86%)がトンネル。山岳トンネルでは最長の南アルプストンネルは全長約25キロだ。今回発注される工事は、この南アルプストンネル工事のうち、山梨側の7.7キロを工区としており、最も長いトンネルの最大土被り(トンネル掘削面上部から地上までの高さ)が1000メートル以上の区間を含む。

「四万十層群の地層におけるトンネル工事で、高度な技術を必要とする」(JR東海)としており、難工事が予想される工区の一つだ。本線トンネルだけでなく、トンネル工事を進める際に先行で掘る先進抗や約5キロ前後ごとに設置する計画の非常口2カ所も含む工事となる。

次ページ参加資格を満たすゼネコンは限定的
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT