「こだま」が占う、東海道新幹線の未来像

東京-新大阪「グリーン9500円」の深謀遠慮

リニア中央新幹線の開業によって転換期を迎える東海道新幹線(写真協力:JR東海)

東京-新大阪5400円!開業50周年記念の格安商品も

JR東海が発売している、東海道新幹線の割引商品が話題だ。今年は、1964年(昭和39年)10月1日に東海道新幹線が開業してから50周年にあたる節目の年。JR東海は、特設サイトを開設したり、デパートで企画展を行ったりと、さまざまな記念キャンペーンを実施している。

この一環として発売された割引商品が、「超★超IC早特」と「こだま☆楽旅IC早特」だ。JR東海のネット予約サービスである「エクスプレス予約」「プラスEX」の会員専用の商品で、「超★超IC早特」は「東京-新大阪間5,400円」など、開業当時の運賃に近い値段で乗車できるとあって、大きな話題になっている。

ただ、「超★超IC早特」は開業日である10月1日を挟んだ16日間だけ設定された、文字通りの記念商品。21日前までの予約が条件で列車も限定されるなど、誰でも気軽に利用できるとは言い難い。

一方、「こだま☆楽旅IC早特」は、来年3月末まで販売される。こちらは「こだま」グリーン車専用の商品で、東京-新大阪間の価格は片道9,500円。窓口で普通に購入した場合(1万8,920円)のほぼ半額だ。来年3月末までの「こだま」全列車で利用可能で、隣接駅間を除くほとんどの区間に設定されている。購入は乗車3日前まで可能なうえ、多くの割引きっぷが使えなくなる年末年始も利用できるなど、かなり自由度が高い。

次ページなぜ「こだま」は、大幅割引を実施するのか?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT