プロゴルファー「湯原信光」65歳の今、博士目指す訳 ツアー優勝経験もある一流プロが異例の挑戦

✎ 1〜 ✎ 104 ✎ 105 ✎ 106 ✎ 107
拡大
縮小
ショットを放つ湯原信光
ツアー優勝経験もあるプロゴルファー・湯原信光(写真:本人提供)

今年も日本プロゴルフ協会(PGA)、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)のプロテストが終了し、新たに「プロゴルファー」としてスタートするプロたちが生まれた。

ただ、PGA会員約5500人、LPGA会員約1200人の中で、いわゆる「ツアープロ」として、賞金を稼げる選手は一握りしかいない。試合に出て賞金を稼いで……という、一般の方がイメージするプロゴルファーよりも、レッスンなどをしているか、まったく違う仕事をしているほうが圧倒的に多いのが現実でもある。

プロゴルファーには引退がないといわれる。PGA、LPGAともテストに通って会員になれば、不祥事を起こして除名されるか、自ら退会するかしなければ生涯資格を持っていられる。

よくツアープロで「ツアー引退」という言い方があるが、これは「ツアートーナメントで賞金を稼ぐことはやめます」というだけで、プロゴルファーの肩書、資格はあるので、レッスンをしたり、メディアの解説者や評論家をしたりといった、ゴルフの仕事で稼ぐことはできる。

倉本昌弘、羽川豊とともに「三羽烏」として注目

そうした中で、大学院に入学して新たな資格、肩書を得ようというプロがいる。今年65歳になった湯原信光が、日本大学大学院に入学、5年間かけて博士号の取得を目指すという。

湯原について簡単に紹介しておくと、ジュニア時代に日本ジュニアに2勝し、日大に進んで日本アマや国際アマチュアゴルフペア選手権(メキシコ)に優勝するなどアマで27勝を挙げて1980年にプロデビュー。すぐに優勝し、1980年代には倉本昌弘、羽川豊とともに「三羽烏」と呼ばれた。

次ページツアー7勝、東京国際大のゴルフ部監督にも就任
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT