スマホ決済事業は、なぜ儲からないのか

米スクエアは徐々に融資事業へシフト

たとえば、顧客が単に自分の名前を言うだけで買い物の支払いができる「スクエア・ウォレット」などだ。「スクエア・マーケット」は、オンライン上に簡単に店舗を開くためのサービスだった。

こうした展開は、スクエアの共同創設者でCEOであるジャック・ドーシーが推進してきたものだったが、上手くはいかなかった。同社の事業計画をよく知る人によると、ウォレットやマーケットのような事業はすでに棚上げされているという。

「ウォレットの展開からわかるのは、それほど支払いで困っている消費者はいないということだ」と、スクエアのCFO(最高財務責任者)サラ・フレイアーは言う。

スクエアが60億ドルもの企業評価額に見合うようになるうえでは、大量の取り引きデータを利用することこそが最善の方法かもしれない。識者によると、同社の決済事業には問題が山積みであるという。マージンが少なすぎる、新規顧客の獲得におカネがかかり過ぎるなどの問題だ。

加えて、ペイパルやファースト・データ、アマゾンなどとの競争もある。これらすべての企業には、独自のクレジットカードリーダーとそれに関連するサービスがある。

POS端末メーカー大手のベリフォンは、以前スクエアと同様のカードリーダーを提供していたが、その事業からは撤退した。同社のCEOは撤退直前に、小規模事業者向けの決済サービスは「利益が出るビジネスではない」と語った。

利益をあげるには利用者が大勢必要

小規模事業者にサービスを提供する大企業の多くが同じように感じていると、調査会社のIDCで国際決済の調査ディレクターを務めるジェームズ・ウェスターは語る。「それを成功させるには、決済サービスを利用する事業者が大勢必要で、また決済事業を離陸させるためには多額の資金が必要だ」。

スクエアは資金面に関しては対応済みだ。これまでに、ベンチャーキャピタルから5億ドル以上の出資を得た。利用者の確保に関しても、一定の成功は収めている。

スクエアによると、同社は小規模から中規模の「数百万社」にサービスを提供しており、2014年に処理したクレジットカードの支払金額は300億ドル以上だという。(同社は1回の取り引きで2.7%から3%の手数料を受け取るが、それをクレジットカード会社やほかの金融機関とわけ合わなければならない)。

それでも、企業評価額に見合うためにはもっと多くの顧客が必要で、今後も積極的に顧客基盤を開拓していく必要があるだろう。

次ページ現金貸し付けの新規事業を展開
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。