中学受験の「失敗」が怖い親にわかってほしい現実 『二月の勝者』『翼の翼』の登場人物の共通点は?

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小
中学受験に挑む親子
親が心の中にいる「怪物」の存在を認めて手なづけられれば、いちばんの収穫かもしれない(写真:Aomy./PIXTA)
この記事の画像を見る(4枚)
中学受験のダークサイドに堕ちないために、親は何を心がけるべきか? 中学受験を描いた、漫画『二月の勝者』の作者・高瀬志帆さんと、小説『翼の翼』の作者・朝比奈あすかさん、ノンフィクション『勇者たちの中学受験』を上梓したばかりの教育ジャーナリスト・おおたとしまささんが、過熱する一方の中学受験の問題点について、熱論を繰り広げました。中学受験関係者必見の鼎談全3回、後編をお届けします。

見えてない世界をそのままにして社会がよくなるのか

おおたとしまさ(以下、おおた):中学受験には構造的な問題点やいびつさみたいなものがあるって話をしてきました。それに対して大人にできることって、どんなことですかね?

高瀬志帆(以下、高瀬):漫画にも描いているつもりなんですけど、あまりの伝わらなさにちょっと困ったな、と感じている部分でもあります。貧困家庭の描写が出てきた時に「中学受験漫画にこういうのいらないよね」っていう人もいて……。

何が言いたいかというと、見えてない世界を、見ないで過ごせる人たちが、見ないままで過ごして、はたして社会全体がよくなるのかということです。「本当にこのままでいいの?」っていうメッセージは、『翼の翼』(光文社)からも『勇者たちの中学受験』(大和書房)からもすごく伝わってくる。そういう大きなものを描くために中学受験っていう世界を深掘りして描いていますよね。

子どもたちには、その全体が見える人になってほしい。少なくとも見ようとする人であってほしい。もう少し、人が幸せに暮らすためにはどうすればいいかっていう俯瞰した視点で子どもたちに接することが、大人もできないのかなっていうのは思っているんです。

高瀬志帆
高瀬志帆(たかせ・しほ)/漫画家。週刊ビッグコミックスピリッツで『二月の勝者−絶対合格の教室−』を連載中

おおた:『二月の勝者』(小学館)では、貧困問題も描いているし、教育虐待を受けて不登校になっている子も描いていますよね。教育にまつわるいろんな問題の結節点に黒木蔵人という主人公がいて、彼は目を背けたくなるところにちゃんと向き合う。その視野の広さですよね。

だから僕は「『二月の勝者』はただの中学受験漫画じゃない」って言ってます。朝比奈さんは、『翼の翼』のあとに『ななみの海』(双葉社)を書かれています。たぶん私たちの身近にああいう子がいるんですよね。親と一緒に暮らせない子が。気づかないだけで。

朝比奈あすか(以下、朝比奈):施設で成長している子は、今、全国で2万5000人いますし、家事や介護を引き受けているヤングケアラーも、数ははっきりわかっていないけど、たくさんいます。そういう子たちは、生きるために必死で、勉強どころじゃない。

次ページ実際、渦中にいると視野が狭くなってしまう
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT