アサヒビールは宮城県の社員の安否確認に全力投球【震災関連速報】

アサヒビールは宮城県の社員の安否確認に全力投球【震災関連速報】

アサヒビールは11日の東日本大震災発生後から、全社員の安否確認を続けてきたが、いまだに宮城県のグループ社員7名の安否が不明な状態だ。人事は昼夜休日問わず対応に追われている。ただ、15日の17時時点で宮城県以外の福島、北関東は社員の安全を確認できた。

社員の安否確認が完了していない段階では、被災で操業を停止している福島工場(福島県本宮市荒井字上前畑)と茨城工場(茨城県守谷市緑)の復旧はメドが立たない。

なお、アサヒは被災地に義援金1億円を拠出することを決定しており、社員からもさらに義援金を募っている。

(張 子渓 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。