ヤクルトは福島工場と岩手工場の製造ラインに被害。一部製品は完全に供給不可能【震災関連速報】

ヤクルトは福島工場と岩手工場の製造ラインに被害。一部製品は完全に供給不可能【震災関連速報】

ヤクルトは、東日本大震災の影響で福島工場(福島県福島市黒岩字遠沖)と岩手工場(岩手県北上市相去町大松沢)のタンクが傾くなど製造ラインの一部に問題が生じたため、15日時点で操業が止まっている。なお、全従業員の安全については確認済み。

被害そのものは大きくないが、修理業者を呼べる状況ではないため「ヤクルト」などの製造は、地震の影響がなかった他工場へ振り替えを計画中。今後は被害がなかった他工場をフル稼働させる。特に岩手工場の製造品は千葉工場(千葉県四街道市和田)、福島工場は富士裾野工場(静岡県裾野市)や京都工場(京都府宇治市)に振り替え予定だという。

ただ、被害があった2工場でしか生産していなかった「ヤクルト300V」や「ヤクルト元気ヨーグルト」は当面供給を停止する事となった。

ヤクルトは今後、自社工場の復旧と同時に農林水産省などの要請を待って30万本の飲料を被災地へ輸送する予定。内訳は、ミネラルウォーター(500ml)10万本、お茶(500ml)10万本、スポーツ飲料(500ml)10万本。通常は乳酸飲料を運ぶ自社のタンクローリー車(1台で9000Lの液体を運ぶ事が可能)3台を被災地に派遣する予定だ。

(張 子渓 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT