ヤクルトは福島工場と岩手工場の製造ラインに被害。一部製品は完全に供給不可能【震災関連速報】

ヤクルトは福島工場と岩手工場の製造ラインに被害。一部製品は完全に供給不可能【震災関連速報】

ヤクルトは、東日本大震災の影響で福島工場(福島県福島市黒岩字遠沖)と岩手工場(岩手県北上市相去町大松沢)のタンクが傾くなど製造ラインの一部に問題が生じたため、15日時点で操業が止まっている。なお、全従業員の安全については確認済み。

被害そのものは大きくないが、修理業者を呼べる状況ではないため「ヤクルト」などの製造は、地震の影響がなかった他工場へ振り替えを計画中。今後は被害がなかった他工場をフル稼働させる。特に岩手工場の製造品は千葉工場(千葉県四街道市和田)、福島工場は富士裾野工場(静岡県裾野市)や京都工場(京都府宇治市)に振り替え予定だという。

ただ、被害があった2工場でしか生産していなかった「ヤクルト300V」や「ヤクルト元気ヨーグルト」は当面供給を停止する事となった。

ヤクルトは今後、自社工場の復旧と同時に農林水産省などの要請を待って30万本の飲料を被災地へ輸送する予定。内訳は、ミネラルウォーター(500ml)10万本、お茶(500ml)10万本、スポーツ飲料(500ml)10万本。通常は乳酸飲料を運ぶ自社のタンクローリー車(1台で9000Lの液体を運ぶ事が可能)3台を被災地に派遣する予定だ。

(張 子渓 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT