判明!謎のジャパニーズウイスキー「会長」の正体 ツイッターで話題のウイスキーを作るのは

拡大
縮小

ツイッターでは、「ラベルの商品紹介が怪しい」「その言葉はそういう意味だが、そのニュアンスでは使わない」と日本語を母国語としない人が商品名やラベルの作成に関わったのではないかと類推する声や、「受け狙いで置いてもいいかと思ったけど8000円は高すぎる」との評価も。

販売元に問い合わせてみた

ラベルには、輸入商として、欧腾国际贸易(广东)有限公司との記載があり、中国広東省の会社が扱っているようだ。実際には、アジアユーロ・インターナショナル・ビバレッジ(Asiaeuro International Beverage)が手掛けた商品で、この会社の香港支店に電話すると、このウイスキーは山梨県韮崎市にある“自社”の醸造所で製造していると明らかにした。

ジャパニーズウイスキー、会長
「会長」のフルラインナップ、8年熟成や12年熟成ものも。アジアユーロ・インターナショナル・ビバレッジのホームページによると、同社はタイ飲料大手の子会社などの合弁のようだ(写真:アジアユーロ・インターナショナル・ビバレッジのサイトより)

香港やマレーシアなどの通販サイトでは、英語で「会長ウイスキーは、富士山の山麓で製造されている。素晴らしく滑らかなこのウイスキーは、雪を頂いた南アルプスの清らかな水を使って生み出された」と記載されている。

韮崎市には、山梨県甲州市に本社を置くサン.フーズの工場がある。同社は、酒類やみりんなどの調味料の製造販売、酒類の輸入・卸販売を手掛けている。この会社で「会長」が製造されているのではないかと目星を付け、ウイスキーの海外販売などに関して知りたいと本社に電話してみると、「そうした取材には応じておりません」と冷たい対応が返ってきた。

しかし、韮崎市役所によれば、中国企業が運営するウイスキーの醸造所は存在せず、「会長」を製造しているのはサン.フーズしかあり得ない。一度は断られたものの、最終確認するのは製造している当事者の答えを引き出すほかない。

再度電話してみると、別の担当者が出て、中国企業から委託されて「会長」を製造していることをあっさりと認めた。「会長」が韮崎市の自社工場で製造されているというのは、電話に出たアジアユーロ・インターナショナル・ビバレッジ担当者の誤解のようだ。

次ページ基準が緩いジャパニーズウイスキー
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT