オークラの世界展開、あの"二の舞"はやめて

<動画>そのローカライゼーションは正しいか

日本のオークラも建て替えが決まりましたが…(撮影:風間仁一朗)

「大丈夫かな……。心配だな……」。夏野剛氏が不安の声を漏らすのは、日本の「おもてなし」についてだ。

日本にやって来る外国人観光客が増えるにつれ、海外でも日本のホテルや旅館の快適さが話題となっている。それをビジネスチャンスととらえ、日本企業が海外進出を加速している。ホテルオークラもそんな1社だ。

1月にはトルコに進出することを発表、2020年までにイスタンブールやアンカラを軸に5ホテルを開業する。そのほかにも2017年にはタイ・バンコク、2018年にはフィリピン・マニラで新ホテルを開業する予定だ。

「現地化」と「手抜き」を混同してはいけない!

この記事は週刊『夏野総研』とのコラボレーションでお届けします

夏野氏は、「この動き自体には大賛成」と話す。「トルコもイスタンブールにはすでに高級ホテルがひしめいているが、ほかの都市はまだまだ。人口を考えれば、大きな市場が広がっている。ぜひ成功してほしい」。

だが一方で、「(オランダ)アムステルダムのホテルオークラは、正直、日本のサービスや高級感をそのまま持って行っている感じがしない。特に食事は、手を抜いている感じがする」と指摘する。

「海外展開においてローカライゼーションは大事だし、オランダは味に関してそこまでうるさくない国であるのも事実。でも、日本のホテルが進出するのであれば、飲食の充実は絶対だろう。ぜひ、(これから開業するアジア各国でも)手抜きはしないでほしい」(夏野氏)。

52年の歴史を持つホテルオークラ東京の本館も、2019年の完成に向け立て替えられることが決まっている。夏野氏は最後に「この節目にきちんと、今までのオークラのクオリティにプラスアルファで世界に通用するサービスを作って、羽ばたいてほしい」とエールを送った。

音量にご注意ください
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT