オークラの世界展開、あの"二の舞"はやめて

<動画>そのローカライゼーションは正しいか

日本のオークラも建て替えが決まりましたが…(撮影:風間仁一朗)

「大丈夫かな……。心配だな……」。夏野剛氏が不安の声を漏らすのは、日本の「おもてなし」についてだ。

日本にやって来る外国人観光客が増えるにつれ、海外でも日本のホテルや旅館の快適さが話題となっている。それをビジネスチャンスととらえ、日本企業が海外進出を加速している。ホテルオークラもそんな1社だ。

1月にはトルコに進出することを発表、2020年までにイスタンブールやアンカラを軸に5ホテルを開業する。そのほかにも2017年にはタイ・バンコク、2018年にはフィリピン・マニラで新ホテルを開業する予定だ。

「現地化」と「手抜き」を混同してはいけない!

この記事は週刊『夏野総研』とのコラボレーションでお届けします

夏野氏は、「この動き自体には大賛成」と話す。「トルコもイスタンブールにはすでに高級ホテルがひしめいているが、ほかの都市はまだまだ。人口を考えれば、大きな市場が広がっている。ぜひ成功してほしい」。

だが一方で、「(オランダ)アムステルダムのホテルオークラは、正直、日本のサービスや高級感をそのまま持って行っている感じがしない。特に食事は、手を抜いている感じがする」と指摘する。

「海外展開においてローカライゼーションは大事だし、オランダは味に関してそこまでうるさくない国であるのも事実。でも、日本のホテルが進出するのであれば、飲食の充実は絶対だろう。ぜひ、(これから開業するアジア各国でも)手抜きはしないでほしい」(夏野氏)。

52年の歴史を持つホテルオークラ東京の本館も、2019年の完成に向け立て替えられることが決まっている。夏野氏は最後に「この節目にきちんと、今までのオークラのクオリティにプラスアルファで世界に通用するサービスを作って、羽ばたいてほしい」とエールを送った。

音量にご注意ください
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。