「シルク・ドゥ・ソレイユ」を経て起業した彼女の今 五十川舞香さんが説く、Web3だから実現できる事

拡大
縮小
五十川舞香さん
スタンフォード大学に入学後、シルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーを経てMicrosoftエンジニアとして働くも1年で退社した五十川さん。未踏の地であるWeb3の世界で起業した理由とは?(写真:エンジニアtype編集部)

新たなインターネットの世界として、バズワード化したWeb3。日本国内ではまだまだ未知の部分も多く懐疑的な意見も多いが、実際のところどのような可能性を秘めたものなのだろうか。

本記事は『エンジニアtype』(運営:キャリアデザインセンター)からの提供記事です。元記事はこちら

サンフランシスコでWeb3サービス『Webacy』(ウェバシー)を開発・共同創業した五十川さんは、「Web3は使い道によっては、われわれの困りごとを一気に解決し、社会が一歩前進するようなサービスを生み出す可能性がある」と語る。

スタンフォード大学に入学後、シルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーを経てMicrosoftエンジニアとして働くも1年で退社した五十川さんが、未踏の地であるWeb3の世界で起業した理由とは。

彼女のキャリア選択の軸、そして、Web3サービスの「作り手」側となった今、Web3の可能性をどう見ているのか話を聞いた。

大学を休学し、パフォーマーとして2年活動

——五十川さんはいつ、どのようなきっかけでシルク・ドゥ・ソレイユ(以下、略称である「シルク」)のパフォーマーになったのですか?

私がシルクのパフォーマーになるチャンスを得たのは、スタンフォード大学に入学して3カ月目くらいのことでした。

アクロバット(競技)を始めたのは、中学生の時。当時は趣味のような位置づけで、まさか仕事になるなんて思っていませんでした。

シルクからオファーが来たのも、本当に偶然で。ちょうど私くらいの年齢・体格を備えた女性パフォーマーが必要になったそうで、棚ぼた的にチャンスが舞い込んだんです。

「こんな機会にめぐりあうことは、一生のうちで一度きりだろう」と感じ、大学は休学することにしました。アメリカの大学ではexploration(可能性の模索)のための休学はめずらしくないので、特にためらいはありませんでした。

次ページパフォーマーを2年で退いた理由
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT