日本マクドナルドは約700店で深夜営業取りやめ。営業停止店舗は264店舗【震災関連速報】

日本マクドナルドは約700店で深夜営業取りやめ。営業停止店舗は264店舗【震災関連速報】

日本マクドナルドホールディングスは東日本大震災の影響を受け、東京電力の電力供給エリアにあるマクドナルド店舗のうち、24時間営業店舗の深夜営業を15日から当面取りやめる。計画停電の影響によるもので、終了時期は未定だ。

対象となるのは、関東甲信越地域の約700店舗。東京電力の電力供給エリア約1350店の過半、全国約3300店のうち2割強に当たる。深夜営業を取りやめる店舗の営業時間は、原則5時30分~21時。一方、食の継続的提供という点を重視し、同エリア内の20店舗では、限定メニューで24時間営業を継続する。

なお、東日本大震災によって、現在営業停止中の店舗は264店舗にのぼる。震災の影響が甚大な東北地方の太平洋側が中心。再開メドは、「現状ではわからない」(日本マクドナルド)という。

(二階堂 遼馬 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT