日本マクドナルドは約700店で深夜営業取りやめ。営業停止店舗は264店舗【震災関連速報】

日本マクドナルドは約700店で深夜営業取りやめ。営業停止店舗は264店舗【震災関連速報】

日本マクドナルドホールディングスは東日本大震災の影響を受け、東京電力の電力供給エリアにあるマクドナルド店舗のうち、24時間営業店舗の深夜営業を15日から当面取りやめる。計画停電の影響によるもので、終了時期は未定だ。

対象となるのは、関東甲信越地域の約700店舗。東京電力の電力供給エリア約1350店の過半、全国約3300店のうち2割強に当たる。深夜営業を取りやめる店舗の営業時間は、原則5時30分~21時。一方、食の継続的提供という点を重視し、同エリア内の20店舗では、限定メニューで24時間営業を継続する。

なお、東日本大震災によって、現在営業停止中の店舗は264店舗にのぼる。震災の影響が甚大な東北地方の太平洋側が中心。再開メドは、「現状ではわからない」(日本マクドナルド)という。

(二階堂 遼馬 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT