国際鉄道展「イノトランス」開幕、注目の裏テーマ 環境対策や新技術よりも関係者が知りたい問題

拡大
縮小

日立やJR東日本系の総合車両製作所は変わらず出展するが、これまでイノトランスの常連だった川崎重工業、東芝などのメーカーや2018年から出展を始めたJR東海などの姿がない。「申し込みを行うのは1年前。その時点でコロナ禍の動向を見通すのは難しかったと思う」と、あるメーカーの担当者が説明してくれた。

環境性能は重要テーマだが…

今回の注目ポイントは何か。

地球温暖化を食い止めるため、日本を含む多くの国が2050年までにCO2などの温室効果ガスの排出量をゼロにすると宣言している。その実現のための有効な手段として期待されているのが鉄道である。鉄道はもともとほかの交通モードと比べ旅客1人当たりのCO2排出量が少ないが、決してゼロではない。それだけに、さらに環境性能を高めるための車両開発が続けられている。

ドイツや欧州の交通系企業で構成されるドイツ交通フォーラムのハイケ・ヴァン・ホールン代表は、「鉄道は古い交通手段ではない。モダンでとても洗練された交通手段だ」と話す。今回、会場に並んだ鉄道車両の大半が最新技術を駆使して環境性能を高めた通勤列車や機関車だ。

innotrans2022
会場で目立つのは環境性能に配慮した新型車両だ(記者撮影)

2016年頃までのイノトランスでは、今にも走り出しそうな時速350km級の高速列車が会場のいちばん目立つ場所にでんと構えて注目を集めていた。今回はドイツ鉄道が新型のICE Lや「アドバンスト・トレイン・ラボ」という実験車両を出展しているので高速車両はゼロではないが、従来と比べると影は薄い。時代の移り変わりを感じさせる。

環境性能を重視した車両がずらりとそろったものの、「環境重視はイノトランス自体がテーマとしているだけに目新しさはない」とある鉄道メーカーの幹部は話す。むしろ、4年ぶりの開催となったことで、「日進月歩のIoTを活用した鉄道技術が、4年間でどこまで進化したかに関心がある」という。

次ページ中国メーカーとどう向き合うか
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT