ソニー、「分社化の推進」で何が変わるのか

不採算事業の売却・撤退が今後のカギに

平井社長は2012年に就任後、「感動を届ける会社になる」と公言し、製品開発の現場に積極的に足を運ぶなど、"ソニーらしい製品"作りを率先してきた。ただ、「製品開発よりも、もっと大局的な立場でリーダーシップを発揮すべき」との指摘があったのも確かだ。

今後は、新規事業などの機能こそ本社に残すものの、事業分野の権限は子会社に移譲。平井社長はあくまで会社全体のマネジメントに集中する。社長の管轄という意味では、"現実的"な路線へのシフトとも言える。

 一人でマネジメントするには限界がある

一方で、今回の分社化は将来的な事業売却・撤退への布石との見方もある。平井社長は「分社化が即、事業売却や撤退につながることはない」と強調したものの、「(将来的には)売却や撤退、提携の可能性はある。一般論として、ソニーグループへの収益やブランド、ほかのビジネスへの貢献を考えなければいけない」と述べた。

株式市場では、ソニーは事業再編に踏み切るべきとの声も聞こえる。UBS証券の桂竜輔エクゼクティブディレクターは、「(成長領域に位置付ける)デバイス分野と、映画や音楽といったエンタテインメント分野は、家電製品のサプライチェーンの両端にあり、同じ経営者の傘の下に入れるのが合理的とは言えない。赤字だから撤退すべきという問題よりも、こうした観点から別会社にしてもいいのでは」と話す。

ソニーの今後の事業ポートフォリオを決めるのは、平井社長自身だ。「次の3年間で成長への投資ができる会社にしたい。その後は、コンテンツ、サービス、商品を通じて、お客さんに感動を届けられる会社にしたい」と訴えた平井社長だが、具体的にどんな手を打ち出すか。次は、分社化後の判断が問われることになる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT