アステラス製薬はハルナール原薬製造など2工場が操業停止。工場設備の確認急ぐ【震災関連速報】

アステラス製薬はハルナール原薬製造など2工場が操業停止。工場設備の確認急ぐ【震災関連速報】

アステラス製薬によれば、東日本大震災の影響で、茨城県高萩市と岩手県八幡平市にある2工場が現在、操業を中止している。

子会社アステラスファーマケミカルズの高萩工場は、主力の排尿障害改善薬ハルナールの原薬を製造し、全世界に供給している。子会社アステラス東海の西根工場(八幡平市)は、ハルナールや高血圧症治療薬ペルジピンの包装などを行っている。両工場とも従業員の人的被害はなかったものの、水道や電力が止まっているため、稼働を停止している。

工場設備の損害の有無については調査中だが、確認に時間がかかる見通し。製品供給については、委託先の倉庫会社および提携先の医薬品卸企業に相当数の在庫があるため、当面、問題になることはないとしている。

(岡田 広行 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT