アステラス製薬はハルナール原薬製造など2工場が操業停止。工場設備の確認急ぐ【震災関連速報】

アステラス製薬はハルナール原薬製造など2工場が操業停止。工場設備の確認急ぐ【震災関連速報】

アステラス製薬によれば、東日本大震災の影響で、茨城県高萩市と岩手県八幡平市にある2工場が現在、操業を中止している。

子会社アステラスファーマケミカルズの高萩工場は、主力の排尿障害改善薬ハルナールの原薬を製造し、全世界に供給している。子会社アステラス東海の西根工場(八幡平市)は、ハルナールや高血圧症治療薬ペルジピンの包装などを行っている。両工場とも従業員の人的被害はなかったものの、水道や電力が止まっているため、稼働を停止している。

工場設備の損害の有無については調査中だが、確認に時間がかかる見通し。製品供給については、委託先の倉庫会社および提携先の医薬品卸企業に相当数の在庫があるため、当面、問題になることはないとしている。

(岡田 広行 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。