再人気「たまごっち」驚きの新機能と意外な使い方 発売から25年以上、Z世代にふたたびのブーム

拡大
縮小
たまごっちが再ブーム。背景にはなにがあるのでしょうか(写真提供:r__na.6rom__illust

1990年代に社会現象になるほど大ヒットした『たまごっち』。初代の発売から25年以上経った今、Z世代を中心にふたたびブームが訪れています。今回は最新の『たまごっち』の驚きの機能と、どんな流行り方をしているのかについて、紹介します。

1996年に「デジタル携帯ペット」というコンセプトで発売された『たまごっち』。2021年11月には、新シリーズ『たまごっちスマート』が発売されました。

マッチングアプリ機能が搭載

『たまごっちスマート』では、時代に合わせたさまざまな機能が搭載されています。その1つが、『たまっちんぐアプリ』です。

たまごっちスマート内にあるアプリから『たまっちんぐアプリ』に入ると、自分のたまごっちとデートさせたいほかのたまごっちを選ぶことができます。プロフィール欄には、趣味なども書いてあり、現実世界のマッチングアプリさながらです。気に入ったたまごっちを選んで「デートをする」を押すと、デートをすることができ、結婚もできる、という今の時代ならではの機能です。

また『たまワーク』という自分のたまごっちにアルバイトをさせることができる機能もあります。そこで稼いだごっちポイント(たまごっちスマートの世界の中のお金)を使って、フードデリバリーサービスの『たまデリバリー』や『たまショッピング』で買い物をし、たまごっちスマート内でほしい商品を取り寄せることもできます。

マッチングアプリやフードデリバリーなど、現代に合わせたさまざまな機能を通じて、自分のたまごっちをお世話することに、夢中になっているZ世代が多いようです。

次ページ推し活でも人気に
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT